安心していいものかー那覇-宮古線 大幅値上げを否定 西里大通りからイーザト界隈に入る

2月6日(金)曇り 最高気温16℃ 最低気温12℃←今冬最低気温 北風のち北東の風
海上風速10m

画像
今朝の地元紙

詳しい記事内容は下記のサイトに掲載されています。ご覧下さい。

「那覇-宮古線 大幅値上げを否定/JTA・ANA」

http://www.miyakomainichi.com/

一方、問題のスカイマークは

「運航は継続するものの、2月以降、那覇発着路線は減便し、
3月下旬からは石垣・宮古空港から撤退するということです。」(琉球朝日)

これにより、春以降、JAL、ANA2社の寡占状態が続き
儲け主義に走った値上げがまた行われるのではないか
と危惧していた。

今回「一部の便で数百円程度の値上げを行うにとどめる」(地元紙)
ことを知ったが単純に安心していいものかどうか。

宮古にとって飛行機は外に向かう唯一の交通機関。
極めて公共性の高いものだ。

宮古に行き交う人々のために市や観光などの関係機関は
航空会社に対し働きかけを、今後とも強めてもらいたい。

2社も企業エゴイズムを自制し人々のために頑張るの誇りを
持って経営してもらいたいものだ。

西里大通りからイーザト界隈に入るー昨日の散歩


画像


昨日の散歩は市役所からスタート。

画像
西里大通り。 「ココストア」と道路を挟んでお隣にある。

友利集落センターにも、昔の友利村番所の案内碑がある。

江戸時代、村の女性が一定期間機織りをさせられたことから,
村番所を宮古の言葉で上布(ブン)を織る家、「ブンミャー」と呼ぶ
ようだ。


画像
西里大通りから市場通りに向かう。


画像
日本酒を飲ませてくれる店もあるようだ。


画像
韓国居酒屋「マンナン」

過日、北中学校近くにあるはずのこのお店を
探したがなかった。

ここに移転したようだ。

しかも「家庭料理」から「居酒屋」に名称変更。
営業時間も夕方から夜。
(17:00~24:00 定休*木曜日)

かなり遠くなった気分だ。


画像
琉球銀行は目下工事中


画像
画像
市場通りの交差点。四方にシーサー。

よく見ると眼に多くの穴。(右)
夜、光るのかもしれない。


画像


宮古の社交街イーザト界隈に入る。



画像


向こうから焼き芋を売る車が来る。


画像


ネパール料理「パリワール」は左角。


画像



画像
界隈の端は墓地


画像



画像
廃屋

画像
桃の花か梅の花か。

2羽の鳥が蜜を啄んでいた。


画像



画像




画像


上のお店の壁に貝殻細工が貼り付けられていた。
魚など精妙に作られている。


画像


家内、公設市場で、ほうれん草を買う。
かなり大きいやつが100円。安い。


画像
古本「麻姑山((まこさん)書房」


画像



画像


坂道を降りる。
向こうに宮古神社が見える。

画像
「ドイツ皇帝 博愛記念碑」

「遭難したドイツ船の救助活動に当った島民に感謝し、
ドイツ皇帝から送られた大理石の碑。」(じゃらん)

「うえのドイツ文化村」にも同じような碑がある。



画像
犬1匹佇む。

50分程度、歩いたが、界隈で見かけた廃屋や廃店に昔の
イーザトを見るようで興味深かった。




この記事へのコメント

沖縄原
2015年02月08日 21:16
なかなかディープな宮古の街中ですね。

夫が「一般的なガイドブックが宮古の表の
姿を案内しているなら、kuraさんのブログは宮古の裏メニュー的ガイドブックだね」と申しております。

私も、宮古リピーターの方たちにとって、隠れた宮古の魅力を紹介してくれる格好のガイドブックだと思っています!
kura
2015年02月09日 07:39
沖縄原さん、おはようございます

「裏メニュー的ガイドブック」「隠れた宮古の魅力を紹介してくれる格好のガイドブック」とお2人から、評価をいただき、ありがとうございます。

ただ、私は日常のありふれた、誰もがそれほど気に留めない風景を多少の関心を持って、撮り、紹介しているだけで、「表」に対抗して「裏」をなどの気負い
はありません。
「裏」に精通するためには、よほど地域に密着していないと、確かな事実は得られないように思います。

あくまで「散歩」ですので、「歩く」ことを主体に、その中で、あれ!と思った
事や物に立ち止まり、記録するスタイルを今後とも、続けたいと思っています。

今後とも、よろしくお願いします。















この記事へのトラックバック