海も空も海中も澄んで美しいー今年初めてのシュノーケリング  アルゼンチン・パタゴニア

5月15日(金)晴れ 最高気温30℃ 最低気温24℃ 南風 海上風速10m

画像


今日、知人たちと上野のビーチで、シュノーケリング
を楽しんだ。

海も空も美しく澄んで、気持ちが爽やかになる。
梅雨がとんで、いきなり夏が来たかと思わせる
今日の暑気。

今年初めてのシュノーケリング。


画像


透明度がよく、遠くまで見通せる。



画像



画像




画像



画像
ツノダシ

ツノダシ→長く伸びた背びれが特徴であり、
学名の“Zanclus”は「鎌」という意味で、
この背びれの形状に由来する。 (ウィキペディア)


画像
ニジハギ

名前のニジ(虹)のように綺麗な魚だな。


画像


ブダイらしき魚が前に現れ、素早く通り過ぎて行った。
慌てて撮ろうとしたが、撮れたのはこれだけ。

ブダイ→名前の由来には、いくつかの説があり、
身体が鎧を着た武士のようなので『武鯛』、
ヒラヒラと舞うように泳ぐ姿から『舞鯛』、
鯛に比べて不格好ということで『醜鯛』
もしくは『不鯛』という説がある。 (ウィキペディア)

見た印象としては『舞鯛』が似合っているかな。

画像


時々は沖のリーフを見たり、空を眺めたり、
気持ちのよいひとときを過ごすことができた。



画像


知人の1人が「ウミヘビ」を見たと言っていた。
サンゴ礁にもいろいろな生き物がいるんだな。
これからが楽しみ。

アルゼンチン・パタゴニア


画像
パタゴニア

アルゼンチンを旅した友人が写真を
送ってくれた。

「氷河の崩落とパイネの角を撮った写真」のようだ。

彼の憧れの地の一つのようだったが、
その気が遠くなるような飛行時間を
聞くと、(ようやるわ!)の感想が第1に
出てくる。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック