こりゃ、確かに危ないねー伊良部島・佐良浜漁港の「伊良部漁協」が引越し

12月14日(月)曇りのち雨 最高気温26℃ 最低気温22℃ 北東の風

画像
建設から今年で37年が経ち老朽化した伊良部漁協の建物

伊良部島・佐良浜漁港の一角にある伊良部漁協の建物が
老朽化激しく、危険な建物として、来年早々には取り壊され、
数年後、新たに新築される予定のようである。

37年間、数多くの台風や潮風を受け、確かに、ボロボロの感、
否めない。

「鉄筋コンクリートの破片が落下」(地元紙)する事も
あったようである。

画像
荷さばき施設

向こうに見えるのは元の水揚げ場。


画像


それまでの間、仮住まいとして、漁協東400mの
「市佐良浜スポーツセンター」に移転、
事務所を置き、業務を始めている。


画像


仮の水揚げ場として、「サンマリンターミナル」前の
元客船乗降場が当てられている。


画像




画像
そばの荷さばき施設


画像


私が立ち寄った時、丁度、水揚げが終了していたらしく
施設の片隅で、カツオやマグロを捌いていた人を見る
のみであった。


画像
画像
魚の販売所

荷さばき施設のお向かいが魚の販売所。

紙細工のカラス(?)らしき黒鳥が2羽、
ひらひらと舞っていたのが面白い。


画像


魚をさばいていた女性にマグロを注文する。

おもむろにアイスボックスからマグロを
引き出す。


画像

 
目方を計ると8kg、5000円。

何を勘違いしたのか、この半分でいいかと尋ねてくる。

Oh!No!!

500円ぐらいでええんやけどと慌てて返答。


画像


8kgとは別の小さなマグロ1匹を捌いてくれる。

「上手だね。」

「3日もあれば、誰でもできるよ」

画像


刺身にし、ビニル袋に入れてくれた。

家に帰って、綺麗に、美味しそうに
並び替えるのが私の仕事。

量が多く、ちょっと得した気分になった。



この記事へのコメント

kumama
2015年12月15日 08:14
やってみると、けっこう、さばけるようになりました。
安いので「身は骨についているもの」と思って、おおざっぱにやるのがポイント。
骨にいっぱいついた身は、スプーンでとればOKです。
1匹500円でまるごと買ってチャレンジ!
kura
2015年12月15日 12:28
kumamaさん、こんにちは

さすがですね。
なるほど大雑把にやるのがポイントですか。

私も1度家内から別の魚で3枚おろしのレクチャーを
受けたのですが、ただ受けただけ。

この漁港でも2度ほどさばき方を見て、手順は大体
わかるのですが、自分でやったことがなく、自信は
ないです。

最後の一文は私への檄でしょうか(笑)




この記事へのトラックバック