キリシマツツジの赤は迫力があるねー長岡天満宮 鮮度がモットーの回転寿司屋に入る

4月24日(日)曇り時々雨 最高気温28℃ 最低気温24℃ 南風 海上風速10m

画像
長岡天満宮八条ヶ池

京都の自宅から15~20分程歩けば、長岡天満宮に着く。

丁度、キリシマツツジが満開の頃で、境内はたくさんの人で
ごった返していた。

〇長岡天満宮→「ご祭神は,学問の神様として有名な菅原道真公です。
道真公が太宰府へ左遷される途中,かつて 在原業平らと共に
詩歌管弦を楽しんだこの地に立ち寄り,都を振り返って名残を
惜しんだ事から 「見返り天神」とも呼ばれています。」(長岡京市観光協会)


画像
向こうの山が天王山


画像
「日本一のたけのこ料理・ 錦水亭」


画像
キリシマツツジ

それにしても人が多い。


画像



画像
八重桜



画像
アオサギ

八条ヶ池に目を移すと、鯉などの他に、アオサギや亀がいた。

画像
甲羅干しのために
台に上がる亀


画像
甲羅干し


画像
亀1匹、懸命に泳ぐ


画像


宮古のドバトよりかなりカラフル。

鮮度がモットーの回転寿司屋に入る

画像
回転寿司「大起水産」入口付近

京都に着いたら、回転寿司を食べたいと思っていた。
宮古に、回転寿司がないからだ。

家内が京都・伏見に新しく出来た「大起水産」の回転寿司がよいと
友人から聞いていた。

画像


お隣が「街のみなと」。
大起水産グループの鮮魚店。
「鮮度がごちそう」をモットーにしているようだ。

新鮮なネタを寿司屋でもいただけそうだと
ちょっと期待が高まる。

画像



画像
画像


確かに美味かった。

食の味にうるさい家内も「もう一度、来たいね。」と
言っていた。

「大起水産」

http://www.daiki-suisan.co.jp/kyotofushimi_sushi/

家内の土産

画像
カンボジアの土産(半袖のTシャツ・後ろ)

後ろがなかなかカッコいいね。

記事関連

無事、京都に到着しましたー寒いっ!

http://1120kura.at.webry.info/201604/article_16.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック