この頃のことーインギャー一部の海水汚染や異臭、シギラのチャペル損傷 

5月15日(日)晴れ 最高気温30℃ 最低気温25℃ 南東の風 海上風速8m

画像
11日付地元紙

地元紙によると、インギャーマリンガーデン西側の
海岸の一部が黒く染まり、鼻を突くような異臭が
漂っているという。

県が調査をしたが、10日現在、原因は
不明のようだ。
(14日現在もそれを知らせる報道はない)

上の記事を見て、私もそれらしき場所に
駆けつけたが、見つけることができなかった。

その折、宮古島市の車も2台駐車。
職員2人が岩礁に移動しながら、その場所を
捜しているように見えた。

その後、部落の人たちや近くでホテル建設の作業を
している人たちにも尋ねたが、どれも推測に域を出ず、
確かな場所を特定できなかった。


画像


昨日はグラウンドゴルフ。

確かに今も臭う。部落の1人は前日はもっと
酷かったと話していた。

原因について、近くの○○が流したのではないかと
言う人がいて、それなりの根拠も理解できたが、これも
推測の域を出ない故、これ以上、言うのは差し控えたい。

最近、「友利崖下の不法投棄」とか今回の「インギャーの海水汚染」
など、「友利」の名が新聞紙上に出てくる。

友利部落とは全く関係がない(はず)ことを
名誉のために、一言付け加えておく。


画像
ヤドカリ

ゴルフ途中で見かけたヤドカリ。
ひっくり返して撮った。


画像




画像
昨日のインギャーの内海

チャペルが落雷のため、損傷

画像
宮古島のホテル「シギラベイサイドスイートアラマンダ」のチャペル

1昨日、アラマンダ近くを通りかかったら、
クレーン車に取り付けられたゴンドラの中で、
何か作業をしている人を見かけた。


画像


近くの人に尋ねると、落雷のために
損傷を受けた屋根を修理していると
いう。

画像
これも落雷による
被害物の断片だとか。

この記事へのコメント

沖縄原
2016年05月15日 07:47
海水の汚染・・・原因はまだ定かではないけれど本当に困ったことですね。

汚染の場所が特定できないと原因も分からないのでしょうが、早く対処して欲しいですね!
島で生まれ育った人には当たり前過ぎているせいか、この宮古の海の素晴らしさや価値が十分理解していないのでは?と思うことがよくあります。

宮古の自然を大事に守っていきたいものですね!

kura
2016年05月15日 10:23
沖縄原さん、おはようございます

おっしゃる通りですね。内地の人間は内地の海とは異質な色合いを
持つ宮古ブルーに感動します。比べるから分かる側面もあるかなと思います。
一方、島の人たちから見れば、比べる手段があまりなく、海も夕日も生き物も
慣れきった当たり前の世界で、感性を震わせるものではないようです。

私も8年ほど毎日海を見て生活をしてきましたから、当初ほどの感動はなくなっているような気がします。慣れすぎるのは怖いですね。

いつも新しい気持ちで、海や自然に接したいものです。

kumama
2016年05月16日 00:16
インギャーのアウトリーフはとてもキレイ。
サンゴがどうなってるのか、泳げるのか、気になってました。
いずれにしても、工事がすすめば、今後、影響はさけられないと、ちょっとあきらめ気分です。
kura
2016年05月16日 09:20
kumamaさん、おはようございます

インギャーの海を取り巻く環境もかなり変わってきた
ように思います。ホテルの建設、遊歩道の新しい建設、
(今の所、まだですが)新しい砂の混入、そして
製糖工場の排水など、海に影響を与えそうな条件が
増えました。

いつも気持ちよく泳げる海で、あって欲しいですね。

この記事へのトラックバック