この頃の宮古島①ー目下、大型店舗やホテルなどが建設中及び計画中  ローゼル、今の所、順調

7月19日(火)曇りのち雨 最高気温31℃ 最低気温27℃ 南西の風 海上風速10m

画像
7/13付けの地元紙

少し、古い記事で恐縮。

楽天トラベルの「2016年夏人気急上昇の離島ランキング」によれば
伊良部島が6位、宮古本島が10位に入ったとのこと。

県内離島3カ所が10位以内に入ったが、
うち2カ所は宮古だったようだ。

ちなみに昨年の1位は伊良部島。

(詳しくは下記のサイトをご覧下さい。)

〇2016年夏、人気急上昇の離島ランキング

http://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/island/

〇2015年夏、人気急上昇の離島ランキング

http://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/island-2015/?l-id=Mytrip_Relatedarticle_05

〇「伊良部島6位、宮古島10位」(宮古毎日新聞)

http://www.miyakomainichi.com/2016/07/90642/


人気の宮古は今、観光客が大挙してやってくる時期。

「わ」ナンバーや「れ」ナンバーのレンタカーが
島内を走っているのをよく見かける。

”レンタカーの需要が例年に比べ、随分増えたようだ。

「満車状態。嬉しいが、こちらの体力が持つかどうか・・・」
レンタカーの社員のため息。

レンターカーだけでない。

観光バスも不足、運転手も不足で、退職者や本島から
応援に来てもらっているらしい。”(宮古テレビ)

これは次回述べる海外クルーズ船による
来島者数5倍(上半期・昨年比)の影響も大きいようだ。

画像


これからますます増加が見込まれる観光客などの受け入れに、
目下大型店舗やホテルなどが建設中及び計画中だ。

「ドン.キホーテ」(8/11オープン予定)の他、地元紙によれば、目下、空港前に
建設中の「スポーツ観光交流拠点施設」(現在、進捗率50%)に隣接して
「サンエー」の大型ショッピングセンター(仮称「サンエー宮古島シティ」)
が建設予定。
2018年春着工、2019年秋頃オープン予定とのこと。


画像
仮称「インギャーマリンガーデンファミリーロッヂ」(4日前撮影)

一方、ホテルの建設もピッチが上がっているようだ。

画像
仮称「インギャーパレス」(4日前撮影)


画像
下地与那覇・リゾートホテル完成予定図
※琉球新報様よりお借りしました。

先に報告している来間島、伊良部島のリゾートホテルの他、
下地与那覇でもリゾートホテルが建設予定。

琉球新報によれば、

「リュウセイホールディングス」が観光客に
人気の高い与那覇前浜ビーチに隣接した
約3万6千平方メートルの敷地に、
ダイビングの練習ができるプールも
備えた客室数180室のホテル整備を
計画する。

7月に着工し、来年9月の完成を目指す。

ホテルは延べ床面積約2万2千平方メートル、
地下1階、地上4階建て」とのことだ。

「宮古島に来秋、大型ホテル リュウセイホールディングス」
(琉球新報・2016年3月10日 )

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-236153.html

他に、不動産業の「日建ハウジング」が下記のようなホテル建設を
計画・実施を行っている。

〇ヴィラ14棟、ホテル27室 2017年開業予定(城辺長間・クマザ海岸)
〇フェリスヴィラスイート宮古島・上野6棟
〇6階建てスポーツホテル91室(平良港近く)
〇3階建て複合リゾートホテル132室(伊良部島入口近く)
〇ヴィラ8棟(伊良部島・佐和田の浜近く)           

これだけ、多いと当方も実際その通りに進んでいるのか
確認しずらい面もある。

いずれにしろ、市も関係各社も経済効果を求めて
海沿いの土地を掘り返しているようだが、宮古の
将来的な展望に立った開発なのかどうかは不明。

リゾート開発により、確実に海は汚れる。

海が汚れるとは、例えば、死滅した珊瑚礁に撒き餌をまいて
熱帯魚を呼び寄せ、観察窓から鑑賞させる行為もその
一つの事例ではないか。

それは「美ら海」の自然な姿ではない。
死んでいるのだ。

また経済は魔物。
国際情勢の変化でどう転ぶかわからない代物。

過剰なホテル乱立で、経営の行き詰まりや
施設の放置などの危惧もありそうだ。

さらに海の環境悪化に繋がろう。

宮古の唯一の財産は海。

市や関係会社はこの点を最重視した
施策を実行、社会的責任を果たして
もらいたいものだ。

記事関連

この頃の宮古島② クルーズ船「スーパースターリブラ」を見た 海外クルーズ船の大幅な増加

http://1120kura.at.webry.info/201607/article_12.html


ローゼル、今の所、順調

画像








この記事へのコメント

沖縄原
2016年07月21日 11:29
美しい宮古島の海や自然は沢山の人に見ていただきたいです。
しかしそのために、その美しい海や自然が破壊されてしまっては本末転倒!

海辺にリゾートホテルを建てる際は、自然を守るための規制も必要ではないかと思います。

建築の時に出る土砂、営業が始まれば当然大量の汚水処理、また庭に使う殺虫剤や除草剤などの薬剤汚染など、素人の私でも想像がつきます。

今、何とかしないと孫子の代に「昔は素晴らしい珊瑚の海だった」と言わなければならなくなるのでは、と心配です!
kura
2016年07月21日 16:41
沖縄原さん、こんにちは

仰っしゃる通りですね。
本来ならば、海に携わる企業や業者が、海の大切さを1番に理解し
「開発をさせて頂く」謙虚な気持ちで、慎重にことを運んでもらいたいのですが
どうでしょうか。己の首を己で絞めることがないようにしてもらいたいものです。

規制も必要ですね。市がこの点甘くなるようでは困りますね。
海中公園での珊瑚の死滅など、見ていますから、どうも
危うい感じがしないでもありません。

昔はよく魚貝類がよく取れたと部落の長老からよく聞きます。
今も海は死につつあるのでしょうか。

この記事へのトラックバック