シギラ王国の野望かー東京オリンピックまでリゾートホテル等の部屋数をおよそ4倍にする計画

7月30日(土)晴れのち雨 最高気温32℃ 最低気温28℃ 北風のち北東の風 海上風速8m

画像


今朝の地元紙によると
ユニマットグループが同敷地内に”1万人が暮らすリゾートシティー”
の実現に向けて、ホテル等の建設を計画中との事だ。

画像


シギラリゾートの敷地→仲原のムイガー~入江橋(全長9km)
               面積 330万平方km(100万坪)

四角で囲んだ海岸沿いがその範囲だろうか。

画像
入江橋(リゾート西端)


画像
シギラリゾートホテル(一部) 右端はドイツ村

現ホテル部屋数→〇ホテルブリーズベイマリーナ(307室)
            〇ウェルネスヴィラブリッサ(95室)
            〇シギラベイサイドスイートアラマンダ(173室)
            〇ザシギラ(10室)
                            合計585室



今後のホテル建設計画

~2018  1475室(現在比890室増)
~2020  2332室(18年比857室増)

東京オリンピックの年までに部屋数をおよそ
4倍に増やす計画のようだ。


画像
7/30撮影

その計画の一つとして、目下、「イムギャーマリンガーデンファミリーロッヂ」を建設中。

画像
上から眺める


画像
下から眺める


画像
「アパラギシーサイドヒルズ」


画像


「分譲区画数154。現在25区画が分譲済み。
応募状況は好調」とのこと。(地元紙)

宮古では既に経営悪化の宿泊施設があるやに聞く。
今後ますますホテル間の過当競争が激化していく
のではあるまいか。

問われるのは「真のホテルのあり方」について
各社追求せざるを得ない必要に迫られるであろう。










この記事へのコメント

沖縄原
2016年07月31日 19:54
自然を荒らしたり破壊したりしない開発でしたら大賛成!
地元の雇用を産み、美しい宮古の海を見に来た大勢の観光客がお金を落とし、島が豊かになるなら本当に嬉しいこと。

いつも思うのですが、目先の利益にとらわれ大事な物を失わないで欲しい。
難しいことだとは思いますけれど。

それから、今年のなりやまあやぐのポスター出来たのですね^^
11回ともなると、知名度も上がり出場者のレベルもぐーんと上がってきて、予選突破もかなり難しいことでしょうね。

でも1年の練習の成果を表す最高の舞台ですし、参加し続けることに大きな意義があると思います。
必ず応援に参ります!

今まで夫の応援団長をしていただいた恩返しが出来ると思うと、とても嬉しいです!
kura
2016年08月01日 07:34
沖縄原さん、おはようございます

昨日の地元紙に「宮古の魅力は青い海と白い砂浜」とタイトルした観光特集がありました。
東急やシギラなどホテル業界の専門家が宮古の魅力や課題について座談しています。
その中で、海について「宮古島の海が汚れたら、もうその価値をもうなくなってしまう」
「昨年、ハワイに行ったが、やはり、宮古島の海がきれいだ」「海の透明度は本土とは比べ物
にならないくらい高い。海水もさらっとして肌に心地良い」の声がありました。いずれも
宮古島の海を高く評価されています。誰しも同じ感想だとは思うのですが、1人1人がこの
海の美しさを守って行きたいものですね。

「応援団長」などの自覚はなく、応援者の1人として参加させていただきました。
だから、この点、全く気になさらないでくださいね。
先のことはお互い考えないことにしましょう。(笑)




この記事へのトラックバック