「パヤオの日まつり」ー伊良部島・佐良浜漁港(キハダマグロの解体ショー、カツオの1本釣り体験など)

8月13日(土)曇り 最高気温31℃ 最低気温26℃ 東風 海上風速9m

画像


今日10時から伊良部島・佐良浜漁港内の広場で
「10周年記念 パヤオの日まつり」が行われた。

※「パヤオ」→マグロやカツオなどの回遊魚が
海上・海中に漂流する物体に集まる習性を
利用した人工の浮魚礁(後述)です。

※「パヤオの日」→1982年に日本初のパヤオが
伊良部島近海に設置されて以来、沖縄県内を
中心として広く設置が進んでおり、
宮古地区パヤオ管理運営委員では
毎年8月8日をとして制定し、毎年
この日の前後に「パヤオの日まつり」を
開催しています。(沖縄県HP)

画像
「パヤオ」アート


画像
和歌山県HPからお借りしました。

こんな感じかな?

※浮魚礁(うきぎょしょう)→浮力体を付した人工物を海の表層
または中層に設置して形成した人工魚礁である。
浮き魚礁とも表記し、浮魚礁の利用が盛んな
フィリピンでの呼称にならってパヤオとも呼ばれる。(ウィキペディア)

画像




画像
画像


珍しい海洋生物。
パイプウニ(左)逆さクラゲ(右)


画像


キハダマグロ38kgの解体ショー。




ショーの様子を動画に撮りました。7分16秒。
お時間のある方はどうぞ。



画像


ショー終了後、皆さんに振舞うために、マグロを裁く。


画像


それを待つ人たちの長蛇の列。

画像
海上でカツオ1本釣り体験


画像
画像


陸上でも。
死んだカツオを引っぱり上げる。

画像


私も試みたが、僅かにカツオが海上に上がっただけ。
コツの理解とパワーが足りなかったか。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック