穴掘りはきついなーネットハウス作り2回目 「クレイジーケンバンド」の「まつり」ってどんな歌?

11月11日(金)晴れ 最高気温26℃ 最低気温21℃ 北風のち北東の風 海上風速13m

画像
掘削範囲を決める定規

ネットハウス作りの1日目は主にハウスの敷地を決定した。

2日目の昨日は、敷地の地盤(6箇所)を
掘削し、ハウスの柱建ての基礎を準備する仕事。

そのため、掘削する範囲(40cm×60cm)を記した
「定規」をダンボールの一部を使って、作った。(上の写真)

これを掘削する予定の地盤の中心と定規の中心を重ね、
赤のスプレーで定規の端の線に吹付け、掘削範囲を
分かりやすいものとした。


画像


赤スプレーの線を目印に、スコップで掘り進めていく。

深さおよそ20cm。
”底面は水平に”が大事なポイント。

汗が出てくる。
腰にきつい仕事だ。


画像


YさんとNさんとの3人作業。
やはりNさんのパワーがすごい。

やっと掘削終了。


画像
画像


その後、「タコ」と呼ばれる道具を使って、底面地盤を均す。(左)
捨てコンクリート(石粉、セメント)を入れ均す。(右)


画像
画像


高さが正確か「定規」を使ってチェック。(左)
水平器を使って、傾きをチェック。(右)


画像


昨日の作業終了。


画像
昨日、購入

今日は、ブロックや川砂、セメントを使って、
朝4時間ほど作業をした。

その様子は次回、報告します。


記事関連

①ネットハウス作り、スタート

http://1120kura.at.webry.info/201611/article_4.html


三線同好会の今

目下、新里のAさんを中心に、宮古民謡とは
離れた、新曲に挑戦している。

これまで、「豊年のあやぐ」(編曲)、「愛燦燦」(小椋佳)「月の夜は」(渚ゆう子」を
ギターやウクレレ、ボーカルに分かれて練習してきた。

今回、新しく「クレイジーケンバンド」の「まつり」をやることになった。

何故か不思議に、私がボーカル担当になり、
少々困惑している。

「まつり」は北島三郎がどこかで歌っているのを
聞いた程度であり、「クレイジーケンバンド」など
聞いたことがなかった。

まぁ、どんなものか 聞いてみた。



途中ブツブツ切れるのが難点。関心のある方は、1回目は終わりまで
そのまま、放置。2回目からきちんと流れるのが聞けるはずです。

成り行きで、来週までに、覚えて来ると豪語した以上、頑張る所存。

なお、同好会の「施設訪問」の目標は不変。
宮古民謡は個人的にそれぞれ練習する
事にしている。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック