とりわけ零細キビ農家はますます厳しくなりそうか Nさんの土入れ完了

2月4日(土)曇り 最高気温23℃ 最低気温18℃ 東風のち南東の風 海上風速9m

画像
一昨日の宮古製糖城辺工場

目下、宮古ではキビの収穫・製糖工場への搬入の真っ最中。

昨日も、キビを満載したトラックが工場・計量前
に縦列をなしていた。

今年度は例年と違い(いつもは1月)、昨年12月から
搬入が始まっている。(宮古製糖)

というのも、今年度は台風の影響が少ないため
キビの生育がよく、糖度も上がり、「近年にない豊作型」
との事で、製糖工場も12月操業に踏み切ったわけだ。

また、「宮古製糖城辺工場農務部」のサイトによれば、
ここ数年、ベイト剤(農薬)を用いたサトウキビ害虫ハリガネムシの防除
により、キビの生産量が予想値を上回り、豊かな収穫をもたらしている
という。
よって、目下、宮古のほとんどの農家はこれを使用しているようだ。

〇ベイト剤→『ベイトとは英語で「bait」であり「餌」の意味を持つ。
ベイト剤とは餌に殺虫成分を配合した毒餌を用いた薬剤の
ことであり、対象害虫が毒餌として食し、殺虫される。
実用化されている例としてゴキブリに対して「コンバット」、
アリに対して「アリの巣コロリ」などの駆除剤が市販されている。」』

(独立行政法人農畜産業振興機構)


画像


縦列に入りきれず2列目に並ぶトラックや出ていくトラック。
巨大な物体が狭い空間を移動しあう光景は圧巻だ。

画像


農家の収入(手取り額)は1トン当たり2万2232円(標準糖度13.7度)
前期比487円アップ。

農家の収入となるキビ代は、国の交付金と製糖工場から直接支払われる代金で
構成されているが、今回、製糖工場が農家に支払う原料代金の増額が代金引き上げ
の要因のようだ。(地元紙から)

※糖度によって収入は変化する。

画像
ストックヤードに積まれたキビの山

しかし、収入がアップしたからと言って喜んでもいられない。

私の見聞した狭い経験でいえば、今年、1人でキビを手刈りしている
人を多く見かけた。数年前に見られた大勢で手刈りしている風景は
陰をひそめたように見える。

沖縄で伝統的にあった「ゆい」(結、ユイマール→相互扶助)の精神が
壊れつつあるのだろうか。

また、キビ生産を支えた人たちの老齢化に伴う
「ハーベスター」( キビの収穫や伐採を行う農業機械)への依存の高まり、

(参考)宮古でのハーベスタ使用率
「23/24年期 39.72%
24/25年期 46 41%
24/25年期 46.41%
25/26年期 59.31% 」(「宮古製糖城辺工場農務部」)

加えて、ハーベスタ使用料が現在、トン当たり4500円と高く、しかも
30アール以上の畑推奨ということだから、それ以下の零細農家は
衰退していくばかりではないかと危惧する。

〇宮糖 3工場一斉に年内操業/16-17年期キビ
http://www.miyakomainichi.com/2016/11/94477/

上野のNさんの土入れ完了ービニルハウスづくり

画像


上野のNさんのビニルハウスづくりも終盤を迎えていた。
懸案だった土入れも完了。

栄養豊かなキビ土をダンプ1台分、投入したそうだ。
大変な力仕事であったろうと推察する。

画像


目下、土づくりが課題のようだ。

土の塊の破砕、バークたい肥等の投入、伐採したバナナ(腐葉土) 
バガス(キビの搾りかす)などを鍬で耕し、土と和ませる作業。

2年もすれば土も軟らかくなるのではないかの見通しだ。

栽培予定植物はパッションフルーツ、アスパラ、パパイア
だが土づくりと並行して、栽培も進めていくようだった。

注文しているビニルがやってくれば完成だ。
まもなく立派なビニルハウスを見ることが出来そうだ。


ブロッコリの収穫

画像


昨朝、ブロッコリを収穫した。
少し花芽が出ているのが残念。
もう少し早く収穫すべきであったか。


画像


脇から2つ新しい花蕾が出ている。
先が楽しみ。








この記事へのコメント

沖縄原
2017年02月04日 23:53
Nさんのハウス、凄いですねー!!!
バガスをダンプに1台分とは、いかにもNさんらしく豪快ですね。

個人的には美味しいパッションフルーツを期待しておりますが、Nさんのことですから色々と新しい物にもチャレンジするかもしれませんね。

kuraさんの畑のブロッコリー、立派で美味しそうですねー!
最近は「料理男子」のkuraさん、どう料理して食べるのかしら?
この後のブログも楽しみにしております^^
kura
2017年02月05日 05:30
沖縄原さん、おはようございます

Nさんのパワーはすごいですよ。日ごろのトレーニングが活きて
いるようです。これまで身体の手入れをしっかりされています。

私も沖縄原さんと同じように、おこぼれを期待しています。
美味しくて、身体によいものを作ってくださるはずですから
その時をじっと待ちたいですね。(笑)

とりあえず、1人で衣食住、賄わなければ、いけませんから
「料理は嫌い」などの贅沢は許されません。すべてが挑戦ー
これが苦しく楽しいのですが。

ブロッコリはシンプルにサラダですか。宮古には上手い
トマトがないので、あとどうするかなというところです。



この記事へのトラックバック