京都便り⑤-京都駅周辺 、祇園界隈

6月2日(金)雨のち曇り 最高気温28℃ 最低気温26℃ 南西の風 海上風速13m

画像
京都駅1番線ホーム

5月28日

午後5時、異国への旅好きな友人と待ち合わせ。

彼は今月、マルタ島(マルタ共和国)に旅するらしい。


画像
京都きものレンタルWargo京都タワー店

京都駅前(北口)の大混雑する人垣を通り抜けて、京都タワービルの前に立つ。
以前と違った印象。

かって、このビルは土産物店などの店舗が多かったが、
去年の4月から、地下1階から地上2階まで商業施設
「KYOTO TOWER SANDO(京都タワーサンド)」として
リニューアルオープンしたようだ。

3階に「京都きものレンタルwargo」なる店があった。


画像


最近、特に海外の観光客には、日本文化、とりわけ、
和食、観光地等に並んで、着物文化に関心が
あると聞く。

等考えていると、外国の女性観光客が
そばを通り過ぎ店に入って行った。

髪型と着物がよくマッチして、とても
よく似合うなと感心してしまった。

画像


高いのか?安いのか?

画像
向こう突き当りは「八坂神社」

いつもの居酒屋で、痛飲したあと、祇園界隈へ。

画像
画像


縄手通り四条上ル「壹錢洋食」

「京都風お好み焼き」の原点か。(?)


画像


ご夫婦らしい2人連れをパチリ。


画像
奮闘する友人

その間にも、友人は、やってくる外国人を捕まえては、
次回の旅のため、会話練習。(か)

英語のみならず、スペイン語も駆使して話している。
さすが、世界を駆け回る男!

やむを得ず、私も仲間に入り、下手な英語をジャブ程度に
繰り出す。

しかし、彼らは旅の気楽さもあるのか、皆さん、フレンドリーに
対応してくれる。


画像
祇園・花見小路『オールディーズライブハウス「グリース」』

50年代~60年代のオールディーズサウンドに乗りながら 踊る店。

いつもはこの店と似たライブハウス「ケントス」に行くのだが
生憎、お休み。


画像



画像


若いバンドの皆さんも一生懸命、こちらもふらつく足も
意に介せず、一生懸命。
狂熱的な夜が過ぎていったというところか。

「シュガーズ」(現在の「グリース」)の宣伝番組を
紹介する。

当日もこんな雰囲気で、行われていた。

たまには、当時の若者になりきるのもいいかも。



(参考)「2015年9月「京都シュガーズ」より移転し「京都グリース」としてリニューアル。
京都グリースから始まりパームスプリングス、シュガーズそして再びグリースに改称」(livewalker.com)


京都便りはこれで終了です。
読んで頂き、ありがとうございました。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック