シギラリゾートの「ポリネシアンショー」を見に行く  手打ちうどんを作る

8月24日(木)晴れのち曇り 最高気温33℃ 最低気温27℃ 南東の風 海上風速9m

画像


昨夜、シギラリゾート「琉球の風」で開催されている
「ポリネシアンショー」を見に行った。

パフォーマンスを演じてくれるのは
ポリネシアンダンスチーム「プアヒナノ」の
メンバー。

このチームは「タヒチアンダンス世界大会で優勝した実績を持つ」(地元紙)との事だ。




流石に素晴らしい。
鍛えられている印象。


画像



画像


このショーは木曜日を除く毎日、午後7時から7時30分まで
「琉球の風」で行われている。

手打ちうどんを作る


画像
柚子果汁(柚子がなかったので)、大根おろし、醤油、ネギを入れ食する

昨日、手打ちうどんを作った。

結論から言うと、麺が固く、団子状になり、成功したとは
とても言えない。

生地自体に問題があったか。
家に薄力粉170gしかなかったので、強力粉330gの計500g
の構成。

こね方が足りなかったか。
生地の寝かし時間が短かったか。

今のところ、原因は不明。


画像
関西風素うどん

別に、関西風の出汁を作り、素うどんを作る。

画像
画像


一応、活動の流れだけを紹介しておく。

①小麦粉500gと塩25g 水240g、(うち食塩水50g程度は別容器に)(左)
②①を混ぜて、こねる。途中、食塩水を投入、更にこねる(右)



画像
画像


生地をビニル袋に入れ、足の裏で踏み、伸ばす(左)
20分ほど寝かした後、テーブル上に片栗粉の打ち粉をし、麺棒で伸ばす。(右)


画像
画像


包丁で生地を切る。(左)
1本1本、生地を切り分け、容器に入れる。(右)


画像


ザルに生地を入れ、15分程度湯がく。

その後、生地を取り出し、流水で洗い、粗熱を取る。
次に氷水で更に洗う。

今回はうまく行かなかったが、もう少し、勉強し
リベンジを図りたい。

手打ちうどんづくりはリベンジに値するほど
価値あるもののように思えた。

(参考レシピ)

手打ちうどんの作り方 (1/6) 「踊るうどん永木」

https://www.youtube.com/watch?v=A3HObtaT-Lc


この記事へのコメント

kumama
2017年08月24日 18:59
私もうどん打ち、やりたいです。昔、よくやりました。私は柔らかくなりすぎてしまって。
パスタマシーンがあるので、伸ばすのは均一にできます。
少し涼しくなったら、やろうかなぁ。
kura
2017年08月25日 03:40
kumamaさん、こんばんは

柔らかくなりすぎましたか。

私の場合、

強力粉を割合として多くなりましたから、その辺り
問題はないのか。

寝かせの時間が短すぎたのではなかったのか。

生地を切る時、もっと細く切る必要があったのでは
なかったか。

いろいろ疑問点、反省点が出てきます。

私も涼しくなった頃に、もう一度、チャレンジ
してみようかな。
沖縄原
2017年08月27日 10:48
わーい うどん打ちにチャレンジしたのですね!
レシピや写真からですと腰の強い北関東に多いタイプのうどんに見えます^^

夫は関西系のもちもちつるつるしたうどんが好きでした。
私はもちもちも好きですが、北関東のごりごりしたうどんも好きです。

埼玉や群馬・栃木のうどんは強力粉を使い、太目のうどんですが、関西系のもちもちつるつるのうどんは中力粉や薄力粉と強力粉を半々に使うことが多いようですね。
失敗と言うより、目指すうどんのタイプが違ったような感じもしますが、どうでしょうか。

何度かチャレンジし、kuraさん好みのうどんが打てると良いですね!

kura
2017年08月27日 13:17
沖縄原さん、こんにちは

腰が強いというのか、噛みごたえのある(笑)固いうどん
が出来ました。

私は腰の強いうどんは苦手で、彼と同様、つるつるうどんが
好みです。

強力粉を多く使わざるをえなかったので、そのためかなとも
思いました。

今度は中力粉ないしは薄・強半々粉を使って、やってみようと
思います。

もう少し細めのうどんがいいので、それを目指して、楽しもうかな
と思っています。

この記事へのトラックバック