人の生死に関わる場面に遭遇することもありうるねー「救命講習会」 カレーパンづくり

9月25日(月)晴れ 最高気温32℃ 最低気温27℃ 南東の風のち南西の風

画像
「宮古島市消防本部」

昨日、宮古島市消防本部の「救命講習会」に参加した。

人生一寸先は闇。いつ、どこで何が起こるか誰も
わからない。

偶然、人の生死に関わる場所に遭遇することもありうる。

その時に、何も出来ず、パニック状態になることだけは
避けたいの思いが参加の理由。


画像


本部駐車場に車を止めた時、「バイク事故の発生、出動を促す」旨の
知らせと指示が大きなマイク音を通して館内外に響いた。

まもなく救急車が飛び出していった。

画像


講習会には指導員2名、参加者5名。

始めに救命に関わるDVDを見た。

「脳卒中」や「脳梗塞」 「脳出血」「くも膜下出血」等脳に関わる
病気、「急性心筋梗塞」等心臓に関わる病気のしくみや対処の
仕方についての説明を受けた。

他に、餅などを詰まらす「窒息」、風呂場での「心停止」、「熱中症」、
運動中の「心停止」、「アナフィラキシーショック」「低体温症」も同様
の説明を受けた。


画像
実技指導

先ず始めに、「心肺蘇生」のトレーニング。

指導員が模範を見せ、次に参加者が行う流れ。

参加者人数が少ないため、同じ事を2回出来た
のは幸運だった。

トレーニングの流れを忘れないうちにメモしておこう。

①先ず自分の安全確認。3方を指差し、安全よし!!

②倒れている人間のそばにいき、最初は肩を優しく
叩き、「大丈夫ですか!」反応がなければ、次第に
強く叩いていく。「大丈夫ですか!!」「大丈夫ですか!!!」

(時々、酒酔いでぶっ倒れている人間がいるから
最初は優しく叩く)

③反応がないとみるや、周りの人間を指差し、「あなた119番
連絡お願いします!」「あなた、AEDの手配、お願いします!」
と具体的に相手の顔を見て指示する。

④倒れている人間が呼吸をしているか様子をみる(6秒間)

⑤呼吸なしとみるや、直ちに胸骨圧迫を開始。
肘を延ばして、胸の真ん中にある胸骨の下半分を重ねた両手で
強く、速く、絶え間なく圧迫する。

胸骨圧迫30回(強く5cm>単3電池とほぼ同じ長さ)、人工呼吸2回(気道確保、鼻をつまむ)
を繰り返す。

人工呼吸の技術を知らないものは、100回~120回/分。


画像


⑥ そのうち、AED(Automated External Defibrillator)が届く。

最近のAEDは装置を開ければ自動的に電源が入るしくみに
なっている。

⑦ 電極パッドを胸に対角線上に2箇所貼り付ける。

その際、倒れている人間が身に着けているネックレス、
心臓ペースメーカー、水分(身体が濡れている)、
体毛(毛深い)、貼り薬がある場合は
その部分を避けたり、取り除いたりする。

⑧後はAEDが心電図を解析したり、電気ショックの必要の
有無を伝えてくれたりするので、その指示に従う。

⑨電気ショックボタンを押す時は、自分も周りの人間も離れる。

⑩救急隊が来るまで、胸骨圧迫を繰り返す。

以上だが他に、「気道異物の除去法」「止血法」を教わった。

○指導員の話を聞いて参考になったこと。

①宮古の場合、救急車が現場に到着するまで
平均9分かかる。保良、池間には15分と長い。

②指導員も長期の救急活動で「熱中症」にかかりそうに
なったこともある。

③もし、傷病者の家族等から、救助の仕方(例えば
胸骨を折ってしまう)に文句が出れば、消防本部
に連絡をしてほしい。本部が全力を持ってサポート
する。
胸骨よりも生命が大切。
放っておけば死んでしまうのだから。


○講習を受けての感想。

①参加者の至らざる部分を指導員2人の方が
的確に指導をしてくれた点がよかった。

②職場で「人工呼吸法」等数回教わったが
その知識が確認出来てよかった。

③人間は忘れる動物。学習は繰り返しで成り立つ。
機会があれば、いつかまた参加したい。

カレーパンを作る


画像


パン屋に行くとカレーパンを必ず購入する。好み。

そこで、先日、カレーを作り、パン粉やドライイースト等を購入して
カレーパンづくりに取り組んだ。

結論から言うと、形は整っていないが(そういう面では失敗)
食してみると、いつもの市販カレーパンよりもずっと美味しく
その面では成功。柔らかく、優しい味で、全部いただいた。

画像


苦労したのはいつまでたっても、生地がベチャついて
手にくっつき、往生した。

その度に生地を台に叩きつけ、水分を出そうとしたり
強力粉を加えたりしたが、あまり効果が見られない。

家内に尋ねると、「水が多すぎたのではないの」のことだった。


画像


仕方なく、一部ベチャつくまま、卵液につけ、パン粉を振って
油で揚げた。

美味かったからいいものの、見かけ、あまりよろしくないから
今度はもう少しカッコイイものを作りたいものだ。

(参考レシピ)

約30分で完成!?レンジ発酵カレーパン

https://cookpad.com/recipe/3479627












この記事へのコメント

沖縄原
2017年09月25日 18:35
救命講習会は私も何度か参加したことがあります。
AEDを使うようになってからは2度参加しましたが、こういう訓練は繰り返し行うことが大事で、自信がないためにとっさの行動できないと意味がないと思います。
私も、また機会があれば何度でも参加したいです!

それにしても自家製カレーパンとは、凄いですねー!!!
揚げたては特に美味しいでしょうね^^

このレシピ、パン生地の発酵や休める時間が短いのが良いですね。
私もカレーを作った後にチャレンジしたいと思います^^
kura
2017年09月26日 03:07
沖縄原さん、おはようございます

おっしゃるように、こういう訓練は繰り返し練習することが
必要ですね。習熟することで、いざという時にも落ち着いて
対処できるように思います。

現役の頃、仕事でパン作りをやりましたが、一次発酵
2次発酵(確かこたつに中で)と少々大変でした。
今回は時間が短く良かったです。

これからもカレーパン作りはやっていきたい
と思っています。

この記事へのトラックバック