宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS シバ君、さよなら!大阪でも元気にやれよ!!ーネパールの少年とお別れ

<<   作成日時 : 2017/11/11 06:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

11月11日(土)雨のち曇り 最高気温25℃ 最低気温23℃ 北東の風

画像
シバ君(池間大橋たもとの休憩所にて)

6月10日以来、週に1度、共に”にほんご”の勉強をしてきたシバ君と
一昨日の9日でお別れする事になった。

今月の14日、ご両親が大阪に転勤する事になり、彼もそれに同行する
事になったためだ。


画像
自宅にて。最後の勉強(9日撮影)

彼は昨年の10月、ネパールから宮古島にやってきた。
日本語が全くわからない少年であった。

その頃、彼と出会った知人のOさんは日本語や英語で話しても上手く
通じず、難渋されたとのことであった。

あれから1年。

今では、多少、わかりにくい言い回しは、時にあるにしても、普通に
日本語で会話できるようになった。

その間、日本語の教室に通い、Oさんや私との勉強、自学自習,
多くの人達との会話等で日本語の習得はかなりのもの
になってきた。


画像


宮古島を去り、新天地大阪に向かうこの時に
何か一言、これからの目標なり、決意を書き
残しておいたらどうかと提言した。

これを受けて、彼がホワイトボードに書き込んだ
のが上の文。

これが1年前、日本語を全く知らなかった人間の
文章か!?

若い頭脳の闊達さに驚くばかりである。

私がアドバイスしたのは

@丁寧に書きなさい。
A漢字で書ける言葉は漢字に直しなさい。
B1意1文にしなさい。ダラダラ書かない。

目標を書いたあと「あと、何を書いたらいいかな」と
尋ねるので、自分の好きな言葉はどうかと言うと
これまで考えた事がなかったようで、少々困っていた。

日頃、一生懸命やることの大切さはしばしば
口に出していたので、それに見合う言葉は
ズバリ漢字2文字「努力」ではないかと言うと、
納得したようだった。


画像
彼の求めに応じて、撮った記念撮影

思い出


画像
「竜宮城展望台」にて



画像
「前浜ビーチ」にて

海を知らない彼を、時々、宮古の美しい海に案内した。
本による学習も大切だが、外の世界をいろいろ見学、
体験する学習も必要と考えたからだ。

前浜ビーチ、池間の海、東平安名崎。

彼はその海の美しさやスケールの大きさに
感動し、盛んに持参のカメラで、写真を
撮っていた。

ミニ「お別れ会」

画像
「英寿司」

過日、知人のOさんと彼とのミニ「お別れ会」をした。

彼は寿司が好きというので、「英寿司」にて昼食。

画像


その後、池間方面にドライブ。

画像



画像
「雪塩」で休憩

いろいろな思い出を語り合った。

彼は礼儀正しい少年であった。

始めの出会いに、「こんにちは」「お元気ですか」と笑顔で
いつも語りかけてきた。

そして、いつも自ら積極的に語りかけ、自分なりのしっかり
した考えを持っていた。

また、人に気遣いを見せる優しい少年でもあった。


私はシバ君に、全く未知な大阪で生きるための心構えを
老婆心ながら、いろいろ語った。

宮古の事は良き思い出として残し、大阪に行けば
それらをすべて忘れ、前向きに、苦しみを楽しさに
変える力を持って、生き抜いてほしいと願っている。

私も今日から君の事は忘れよう。

さよなら!とても楽しかったよ。


(記事関連)

この頃のことーネパールの青年と日本語学習

http://1120kura.at.webry.info/201706/article_10.html


画像
たくましく咲く花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
シバ君はなかなか聡明な感じの少年ですね。
たった一年間で外国語を習得できることに驚くと同時に羨ましい限りです。

本人のやる気と努力、またkuraさんたちの熱心さの賜物ですね!

もう少し宮古にいられたら、高校に入学しても不自由ないところまで到達できたでしようね。

でも、きっとシバ君はこれからも努力することでしょう。

そしていつか、宮古ブルーの海やkuraさん達に会いに来るのではないでしょうか。
沖縄原
2017/11/12 17:12
沖縄原さん、こんばんは

とても聡明な少年でした。挨拶すらろくに出来ない大人が
多い中、彼は人としての常識や生きる知恵を備えている少年でした。

日本語の習得の早さには驚きました。
大阪でも、しっかり
やってくれると思います。

宮古の写真をたくさん撮っていました。
大阪で、宮古の事をいろいろな人に紹介、
宣伝すると言っていました。

大阪に慣れるまでいろいろと戸惑うことが
多いと思いますが、1日も早く慣れて、
充実した毎日を過ごすことだけを
願っています。





kura
2017/11/12 21:15
ええ。とても楽しかった。
ボランティアだとか「教えてあげる」だとか、では全く無かったと。
違う文化をもった、若い一生懸命な友人と過ごした時間は、とても楽しかった。
ただ「ああ、もっと、こんなことも教えてあげればよかった」と悔やむことしきり。
kumama
2017/11/15 18:33
kumamaさん、こんばんは

私も同じく”してやっている”等の傲慢な気持ちは
一切なかったように思います。

なんとか良くしてやりたいとは思っていたのですが
力足らずで、どれだけの事が出来たのか、そんな
事を考えると、少々不安ですが、まぁ、これも
今や、考えても仕方がないこと。彼の健闘を祈る
ばかりです。

kumamaさんのお陰で、若い異国の青年に出会えた
事に感謝しています。






kura
2017/11/15 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
シバ君、さよなら!大阪でも元気にやれよ!!ーネパールの少年とお別れ 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる