宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都から高校生がやってきたー宮古島

<<   作成日時 : 2018/07/26 08:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月26日(木)晴れ 最高気温31℃ 最低気温 27℃ 北東の風 海上風速7m

画像
伊良部大橋の一番高い所から(向こうに来間島→くりまじま)

京都の公立高校に通う2年生の少年が宮古にやってきた。

夏休みの間もサッカー漬けの毎日であったが、今回、監督に
休暇の許可をいただき、宮古に来たというわけだ。

宮古はおろか沖縄に来るのも初めて、飛行機に乗るのも初めての
少年であった。

彼の今回の目的は2つ。

(1)美しい海や大橋を見たい。
(2)熱帯魚と戯れたい
の2点。

彼の希望に添うべく、早速、伊良部大橋に向かう。

画像
佐良浜港にて


画像
フナウサギバナタ展望施設


画像
向こうにダイビング船が見える・「白鳥岬」


画像
「佐和田の浜」


画像
宮古そばを食べる

途中、「腹が減ってきました」と言う。

それはそうだろう。

朝6時半に自宅出発。
多分、きちんとした食事もしない緊張の一人旅。

その心が緩んで空腹感に襲われるのは当然だろう。

加えて、予定していた昼食場所が営業終了であったため、
食事にありつけなかった事情も背景にある。

下地島空港を回り、通り池、渡口の浜をすっ飛ばし、
「島の駅」に到着。

ここの食事コーナーのざっくばらんな雰囲気が好きだ。

彼も宮古のことをいろいろ体験したいと言っていたので
その一つ、「宮古そば」を味わうのもいいだろう。

眺めていると、最後の汁まで飲み干していた。
気に入ったようだ。
確かに、ここの宮古そばは美味い。

その後、自宅に戻る。
シャワーを浴び、しばし睡眠。


画像


夕食のため、夜7時すぎに「琉球の風」に向かう。
すごい人。

画像
食券売場も縦列。


画像

彼は沖縄風ソース焼きそばや海老料理を注文。
私はヒラヤーチー(沖縄風お好み焼き)


画像
8時15分からの川満七重さんのショーを観賞

彼にとって激動の1日ではなかったか。

今日1日の感想を尋ねると
「美しい海を見ることができてよかった。
沖縄の家など教科書で見知っていたが
実際に見れてよかった。」との事だった。

自宅に戻ってまもなく英語の勉強を始めた。
受験生の一面もある。


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都から高校生がやってきたー宮古島 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる