宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅隣りにゲストハウスが出来るらしいー宮古島

<<   作成日時 : 2018/07/31 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月31日(火)晴れのち曇り 最高気温 33℃ 最低気温28℃ 西風 海上風速10m

画像
自宅隣の空き地

自宅隣りにゲストハウスが出来るらしい。

昨日、業者の方が来て、工期やハウスの間取り図、
地元の請負建設業者などについて説明していった。

いよいよ、ここまできたかの感がする。

現在、宮古は下地島国際空港の建設計画、大型観光クルーズ船の入港、それに
伴う港湾工事、自衛隊の施設建設、ユニマットや大手企業によるリゾート開発など
の大型工事が進められ、「宮古島バブル」と云われるような様相を示している。

一方、現場で働く人達の住居の確保に難渋し、あらたな従業員宿舎の建設に
着手している。
目下、宮古のアパートの賃貸も高騰、しかも満室と聞けば事態は深刻だ。。

さらに来年、下地島国際空港が開港すれば、内地のみならずアジア系の
観光客が、ドット押し寄せ、一層、宿舎の需要が高まる。

また宮古の大型イベント、トライアスロンの大会や
ロックフェスティバルなど、参加する人達の
一時的な大量入島に対しても受け入れ態勢を
整えなければならない。

そういう流れの中で、こんな辺鄙な田舎にも宿舎確保の
波が高まってきたということであろう。


画像
自宅から朝撮影。写真の向こうにゲストハウスが建つ。

いつかお隣に家が建つことは覚悟はしていたが。

自分の都合だけいえば、困るというのが正直な実感。

@ 自宅の窓から海が見える。今朝は靄がかかってよく見えないが。
晴れならくっきりと美しい。冬になれば、海の上から太陽が昇ってくる。
その景観がなくなる。

A 光の照射が少なくなり、部屋が暗く、垣根のブッソウゲの生長に
影響がでそうだ。

B ゲストハウスということだから、異国の人も含めていろいろな
人の出入りが激しくなり、治安もこれまで通りオープンという
わけにはいかないだろう。

C夜、騒がれて、自分の生活ペースが乱されることはないか。

などなど思いつくままに書き連ねたが、他に想定外の
いろいろなことが起こりそうだ。

まあ、しかし、マイナス点だけを捉えて、新しくなる環境にグタグタ言っていても仕方がない。
ここは今後の状況をしっかり観察して、前向きに楽しく過ごしたいものだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅隣りにゲストハウスが出来るらしいー宮古島 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる