宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古島創作芸能団 「んきゃーんじゅく」の公演を観る スイカ、メロンを収穫

<<   作成日時 : 2018/07/17 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月17日(火)晴れ 最高気温31℃ 最低気温26℃ 東風 海上風速9m

画像

一昨日、宮古島創作芸能団 「 んきゃーんじゅく〜今、ここから始まる」の
公演を観賞するため、知人たちとマティダ市民劇場に出かけた。

「んきゃーんじゅく」とは「男塾 武-Doo」、「Dorm&DanceTEME BP」と
新たに新設された女子の団体「美座-Kagiza-」で構成された団体の事。

今回の公演は(男塾 武-Doo10周年)、(Dorm&DanceTEME BP5周年)、
(美座-Kagiza-結成)を記念する公演となっている。

また、知人のkuuさんご夫妻の愛児「海暁」君と「純空」君の2人が
「男塾 武-Doo」の一員として初舞台を踏む。

どんなパフォーマンスを演じるのか楽しみでもあった。

画像
プログラム

ゲストにはNAMAHAGE DRUMS TEAM 男鹿鼓、宮沢和史、下地暁、
大城クラウディア、日出克、城間健市、創作芸団REQUIOSが出演する。
それぞれ名の知れた豪華なメンバー。


画像
会場入口


画像
画像

会場に入り、最前列に着席。
満席。

日頃、宮古では、なかなか見られない秋田の芸能集団や
沖縄本島や世界の各所で活躍するスターのパフォーマンスにも
期待する客が多かったのではなかったか。

動画に収めたかったが、残念ながら
館内は関係者以外は撮影禁止。

よって、観賞後の印象なり感想なりを書き留めておく。

(1)エイサー組や太鼓集団の迫力あるバネの効いた動きや
撥裁きのすごさ、そして演目を成功させようとする一致団結の
心に感動した。

特にエイサーは私の知る、太鼓を打ち鳴らしゆったり踊る
昔のエイサーではなく、足を高く上げ、時には跳躍に
似た動きもあって、その若者たちのエネルギッシュな
動きに驚かされる場面が多々あった。

本人たちはこの大舞台で力一杯踊れて、
気持のよい汗をかいた事であろう。

(2)幼児や子供たちがたくさん出演していた。
後継者を育てる関係各位の意志が感じられて
嬉しかった。

(3)「海暁」君や「純空」君は家でも一生懸命練習
していた通り、本番でも仲間たちと力強く堂々と
踊っていた。

(4)ゲストたちとエイサー組のコラボは圧巻だった。

ゲスト出演者の1人宮沢和史さんもエイサー組と
組んで懐かしい「島唄」を歌ってくれた。

舞台構成やメンバー等などすべて違うが下の動画で
雰囲気の一端はお知らせすることが出来るかもしれない。


宮沢和史 島唄 太鼓コラボレーション 杜の賑わい

久しぶりに新しい芸能に触れた思いで、満足のいく舞台であった。


スイカ、メロンを収穫


画像


今朝、葉がほとんど枯れたので、スイカとメロンを収獲した。

無農薬で栽培してきたが、カタツムリやウリハムシなどの
虫に葉を喰われ、実をかじられ、道中は茨の道だった。
そんな中、よく育ってくれたと野菜たちに感謝したい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日は足をお運びいただき、ありがとうございました。
海暁、途中で気づきましたね^_^
嬉しかったようです。

エイサーだけでなく、宮古島の伝統のクイチャーを取り入れた創作演舞も身に付けることができ、親としては宮古島の文化継承に一役かうことができるかな、と嬉しい気持ちでいます。
ま、本人たちは、カッコいい憧れのお兄ちゃんたちを目標に、ただただ楽しんでいるだけですが。

今後とも応援、よろしくお願いいたします。
kuu
2018/07/17 23:44
kuuさん、おはようございます

海暁君は初舞台にもかかわらず、大勢の観客の前で堂々と自信をもった踊りを披露していましたね。エイサーが好きなことに加えて練習をしっかりやったから、その成果が表れたという事でしょう。我々の方に向いて笑顔で手を振ってくれましたよ。純空君は大きな子にかくれてよく見えなかったのですが、垣間見るその姿は楽しそうでした。

芸能も時代と共に変化していきますね。若者たちが真剣に取り組める芸能を開発する努力が多くの人でなされています。「男塾 武-Doo」もその一つでしょうね。
若者たちの自信をもち、充実した表情から、「男塾 武-Doo」の明るさが伝わってきます。

kuuさんもこのイベントの成功に向けてご苦労があったことと思います。
盛況のうちに終わってよかったですね。
ご苦労様でした。
kura
2018/07/18 07:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古島創作芸能団 「んきゃーんじゅく」の公演を観る スイカ、メロンを収穫 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる