酷暑の中、土を掘り返す音などが 終日、鳴り響いていたーコンテナハウスづくり 「南風屋台村」

8月3日(金)晴れのち曇り 最高気温32℃ 最低気温27℃ 南風 海上風速8m

画像
自宅屋上から(昨日撮影)

自宅隣りに建てられるゲストハウスはコンテナハウス建築との事。

昨日はコンテナを積み上げるための基礎工事が進められていた。

酷暑の中、ユンボやドリルで土を掘り返す音などが
終日、鳴り響いていた。

〇コンテナハウス→《(和)container+house》トラックやトレーラーで運搬できる
コンテナ(容器)内に主要な設備を取り付け、すぐに住めるようにした家。(デジタル大辞泉 )

画像
向こうはセメントを流し込む箱づくりか



画像
写真手前に岩盤があった

昨夕、土中から大きな岩盤が出てきたようで、その処理が大変な
ように見えた。

この辺りは大きな岩石が埋まっているようだ。
私も畑づくりの折、苦労したからよく分かる。

今朝、見れば、この箇所は解決したのであろう。
働く人が宮古の人間だから、慣れたものだった
のかもしれない。

ハウスは1階建てで、バーベキューができる空間があるようだ。
客層はファミリーとのこと。


南風屋台村と建築中の建物とがスロープ状に繋がっていた

画像
画像
南風(ぱいかじ)屋台村(左)建築中の建物(右)

昨日、絵葉書を購入するために、シギラリゾートの一角
「琉球の風」に立ち寄った。

見れば、南風屋台村と建築中の建物とがスロープ状に繋がっていた。

画像

下に下りて、建築中の建物の中を覗いて見ると、食堂施設が設置されていた。

道路に面した入口の門柱が仕上がっていなかったが
完成はまもなくであろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック