共に過ごすためのルールが必要だねーゲストハウス作り

8月10日(金)晴れのち曇り一時雨 最高気温32℃ 最低気温27℃ 北西の風 海上風速11m

画像
昨日の仕事の終了時点


画像
画像

昨日は屋上に昇るための階段設置が大きな仕事のように見えた。
重機から慎重に運搬された階段が職人さんたちの手で取り付けられていく。


画像


屋上が出来るとなると、自宅が丸見え。
それは我慢できるとは思うが、
夜遅く星など見て大騒ぎ
されても困る。

このあたりの事(共に過ごすためのルール)は
事前にオーナーや関係者と相談しておきたい。


画像
コンテナ内部

定員は子どもも含めて6~8名。
右奥がトイレ、右横が寝室、
後はバスルームやリビングルームなどに
使われるようだ。室外機は階段の下。

関係者の話によると、見学にくる方や、問い合わせもあり、
モデルハウス的な位置付けになっているようだとの事。

画像
自宅庭から

自宅居間から見える海の風景が遮断されたが、
これはしかたがないか。

コンテナハウスを防風林の役割と考え、
折り合いをつけていきたい。

(記事関連)

自宅隣りにゲストハウスが出来るらしいー宮古島

https://1120kura.at.webry.info/201807/article_15.html

ゲストハウス作りが始まった

https://1120kura.at.webry.info/201808/article_1.html

酷暑の中、土を掘り返す音などが 終日、鳴り響いていたーコンテナハウスづくり

https://1120kura.at.webry.info/201808/article_2.html

コンテナ1棟が設置ーゲストハウス

https://1120kura.at.webry.info/201808/article_3.html

炎天の中、仕事は進むーハウス作り

https://1120kura.at.webry.info/201808/article_4.html

この記事へのコメント

kura
2018年08月12日 08:47
kumamaさん、おはようございます
家の中ではかなりリラックスしているはずですから
いきなり人の視線にさらされると、慌てますよね。

しかしまぁ、これも考え様。
この事象をネガティブに捉えず、人の視線を想定し
部屋をいつもクリーンにするなど、自らの生活向上
に資するようにすればどうかなと思っています。
(できるかな)

朝焼けや夕陽を見たいは観光客共通の願望でしょうね。

自宅近辺は静かですが、これからは違ってくるでしょうね。
特に、子どもがいれば騒がしくなるでしょう。
お会いする機会があれば、挨拶をするなど
フレンドリーに対応していきたいと思います。
kumama
2018年08月12日 16:18
うちの隣の貸し別荘にも屋上があって、観光客が来ると、ときどき登っています。
普段、2階は人から見られることがないため、気楽にしていて、焦ることがあります。
でも、夜、星を見る人は、あまり騒がず。昼間は出かけているし。とくに朝と陽が沈む時に上がる人が多いようですね。
いいお付き合いができますように!

この記事へのトラックバック