仲原地下ダムが出来れば、伊良部島の必要水量のお役に立てるか?ームイガー断崖

9月17日(月)晴れ 最高気温31℃ 最低気温27℃ 南東の風のち東風 海上風速8m

画像
ムイガー断崖

昨日、ムイガー断崖が見える場所に行ってきた。
インギャーマリンガーデンから東方向に
しばらく行った右側にある。

目下、ここで2つの工事が行われている。
その進捗状況を知るために、立ち寄った。

画像
頂上から撮った写真 (2014年撮影)

ムイガー断崖は今からおよそ51年前(1967年)に建設。
海抜50㍍の断崖、90段のコンクリート製の階段。

登りつめると、壮大な大海に出会うことができる。(上の写真)

画像
画像
2つの工事

「平成30年度宮古伊良部農業水利事業仲原地下ダム砂川浸透整備(その3)工事」と
「ムイガー展望施設整備工事」の2つ。

画像


しかし、生憎の「工事関係者以外立入禁止」の看板。


画像
画像
宮古伊良部農業水利事業の案内図

見ていても明確には分からない。
そこで、「沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所」に
電話で問い合わせてみた。

「目下ここで仲原地下ダムを建設中。のちに保良地下ダムも。
宮古本島の必要水量を確保し、その一部は伊良部大橋の
パイプを通して伊良部島にも送水する」(文責クラ)とのことだった。


画像


工事は今も進められているようだが、
実際を観察できるのは、もう少し後のようだ。


(余談)

本記事とは直接、関係ないが、かって2度
ムイガー断崖下に降りたことがあり、
観察記録として残している。
お時間があればご覧ください。

(付録)ムイガー(湧水)に降り立つ
↓ 
https://1120kura.at.webry.info/201401/article_13.html

巨大な浄化槽


画像
今朝撮影

浄化槽も準備され、ウッドデッキ工事も進んでいる。

 ミニトマトと胡瓜を植え付け


画像
昨日、プランターに、ミニトマトと胡瓜を植え付けた。

プランターなら台風が来ても退避する事が
出来るので栽培可能。

11月以降、露地を中心に本格的な野菜栽培を始めたい。

画像

今回、鉢底石にネットをかぶせた。
台所にあった水切りネット。

これで、栽培終了時、土と石を分ける作業が
容易になるだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック