来年3月30日旅客ターミナル開業「ジェットスター」就航ー下地島空港

10月16日(火)曇り最高気温27℃ 最低気温23℃ 北東の風のち北風 海上風速10m


画像
下地島空港(三菱地所)


画像
今朝の地元紙

今朝の地元紙によると

(1)下地島空港旅客ターミナル施設が来年(2019年)3月30日に開業。

(2)LCC(格安航空会社)のジェットスターが成田便を1日1往復で就航。

との事だ。

※機材はエアバスA320型機(180人乗り)←「旅行総合研究所タビリス」

画像
旅客ターミナル施設完成予想図(三菱地所)

目下、宮古と内地を繋ぐLCC便がない以上、今回の決定は
とりわけ、関東圏の人たちには朗報であろう。

今後、さらに他空港とのルート開設を願いたい。

※「早くからチケットを買えば、片道数千円で成田から
宮古島へ行くことができるようになるでしょう。」←「旅行総合研究所タビリス」


画像
画像


一方、宮古としての受け入れ態勢はどのように
なっているのだろう。

駐車場、伊良部島・佐良浜港近辺の道路整備や
市街地へのルート開拓、
タクシーやレンタカーの交通手段等々、観光客が
増大していく中で、様々な課題が想定される。


画像
画像


また国際線の誘致については「台湾、香港、韓国を就航先として
交渉を進めている」との事。
(【下地島エアポートマネジメント←三菱地所グループ】伴野社長)


画像
2018/9/7 現在の旅客ターミナル施設建設の様子

画像



(記事関連)

ジェットスター就航へ/成田・下地島来春開設

http://www.miyakomainichi.com/2018/10/113119/

「旅行総合研究所タビリス」

https://tabiris.com/archives/jetstar-shimoji/

今日は久しぶりに暑い

画像
今日のイムギャーマリンガーデン内海

朝方しばし暖房のお世話になるほど、肌寒い日が続いたが
今日は久しぶりに夏スタイルで過ごせた。

イムギャーで泳ぐ人たちを見かけた。


画像
コンテナハウスの屋上にもパラソル



この頃の農作業

画像
画像
雑草を刈り取る前(左)刈り取り途中(右)

野菜苗植えを来月初旬頃から始めようと考えている。
そのために、今はその準備段階。

今年前半、ハウス内で、メロンやスイカ、オクラ、キュウリなど栽培したが
収穫後は放置状態。

当然のことながら、雑草繁茂がすごい。
時折、刈り取り作業はしていたが、本格的に
やりはじめたのはこの数日。
草刈機ではいくら頑張ってもすぐ芽を出してくる。

やむを得ず、鍬を持っての作業。

いっぺんにやってしまえなどと横着なことを考えず
ボチボチやっている。

その後、畝づくり、堆肥を投入し、土づくりの流れになる。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック