宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 侵食で前浜ビーチもやばいようだー連続台風の影響 テビチおでんを作る

<<   作成日時 : 2018/10/19 04:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月19日(金)曇り 最高気温25℃ 最低気温23℃ 北東の風

画像


先の2つの台風(24、25号の連続台風)で、与那覇前浜ビーチの砂浜が
さらに侵食されるのニュースが、昨日、地元紙に掲載されていた。


画像

早速、現場を見に行った。

地元紙によると、

以前、設置した土のうに砂がかぶさってあったのが
高波などで、持っていかれ、むき出しになったと
いうことだ。

画像
向こうは「宮古島東急ホテル&リゾーツ」の建物

画像
以前は、あの階段から砂浜に下りる事が出来たのであろう。



画像
確かに浸食は酷い。
防潮林の木々の根がむき出しになり、一部は倒れがかっている。


画像



画像


そういう状況を知ってか知らずか、昨日も、
大勢の観光客が桟橋の観光バスから
続々と降りてきた。

画像
修学旅行生が多いようだ。



画像


キャーキャーと海遊びに興じている。

その内の女子高校生の一人に
どこから来たかと尋ねると
「大阪の堺からです」

「楽しいですか」

「これまでの沖縄旅行で今が一番楽しいです」

はち切れそうな笑顔で答えてくれた。


画像

思い出に残る、素晴らしい旅になりますように!!!

(記事関連)

「東洋一」の砂浜無残/前浜ビーチ

http://www.miyakomainichi.com/2018/10/113191/

テビチおでんを作る
画像


涼しくなってきたので、おでんも良かろうと思い、
一昨日、テビチおでん作りに取り組んだ。


画像
骨なし豚足を熱湯の中で煮込み、途中煮こぼしを2回する

骨あり豚足が欲しかったが、回ったスーパーにはなく、
結局「かねひで」で骨なし豚足を購入。

食材は、骨なし豚足、こんにゃく、ちくわ、はんぺん、ゆで卵
出汁はカツオと昆布の合わせだし
調味料は水と泡盛、みりん、醤油、少しの塩

何度も味見をしながら味を調整、弱火でコトコト煮るが基本ベース。

長い時間と味見を繰り返したためか、食材がとても
柔らかく仕上がり、汁も程よい味になった。

※「テビチ」→豚足を煮込んだ料理。
豚足そのもの→「チマグー」と呼ぶ。 (沖縄方言辞典)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
侵食で前浜ビーチもやばいようだー連続台風の影響 テビチおでんを作る 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる