昨日、実母が他界いたしましたー生前の彼女の作品など

1月26日(土)曇り 最高気温18℃ 最低気温15℃ 北風 海上風速15m

昨日の午後、実母が他界いたしました。
享年満94歳でした。
謹んでお知らせいたします。

彼女の病状について、ご心配いただいた皆様方に
心より感謝申し上げます。

彼女の晩年は絵に集中する毎日でした。
脳梗塞を患っても、描き続けました。

一つの事に集中する気迫は実親ながら
尊敬するものがありました。

その作品の一部を紹介し、彼女への
感謝と致します。

画像



画像



画像


画像

彼女は作った作品を宮古の自宅に届けてくれた。
40作品程になった頃、色紙ファィルに収納し、
記念として、彼女に贈った。

画像
大神島の集落センター
作品の一部を宮古の団体に贈呈し、掲示していただいた。
絵画の他に、彼女の紹介と、宮古空港前で撮った写真が
添えられてある。

画像
宮古島市社会福祉協議会城辺支所


画像



画像



画像

彼女はおしゃれを好む人だった。
舞妓などの着物姿の女性は彼女の
あこがれであったかもしれない。


画像
鳥3羽


画像



画像
脳梗塞を患った後の作品
自宅玄関に掲示している。


なお、今日、午後1時40分宮古発の便で
京都に戻ります。

しばらくは、ブログ発信を
控えさせていただきます、

いずれまた、宮古情報を発信します。
その折はよろしくお願いします。

死は普遍、絶対的なもの。
いずれ誰もが通る最終地点。

残る生者は今のこの瞬間をしっかりと
生き抜くことが最大の供養だと
考えます。

それでは、皆様、しばらくのお別れです。







この記事へのコメント

沖縄原
2019年01月26日 09:12
お母さまのご逝去 本当に残念です。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

kuraさんもお力落としございませんように。
kura
2019年01月26日 11:07
沖縄原さん、おはようございます

沖縄原さんには、長い間に渡って、母親の絵を
褒めていただきました。
彼女の励みになったことと思います。
ありがとうございました。

入院した当初(1月初旬)は年齢の割に、とても元気がある
と医師から説明がありました。

ところが、症状が急変し、腎臓や心臓などの機能が低下
肺炎も起こし、ひどくなってきました。

医師もこのまま医療行為を続ければ、かえって悪くなるとの
判断。

私たちも苦痛なく自然に逝くことを願っていました。

死ぬ前の人間は感覚も鈍り、夢ごごちの状態で
傍目で見ているほどの、苦痛はないと聞きます。

多分、母親もそのように亡くなったのだと
思っています。

今日は京都も雪とか。
鉄道を使って会場に18時頃、
到着の予定です。

Tps
2019年01月26日 21:02
お母さまのご冥福を心よりお祈りいたします。
お気をつけて。
弥次喜多日記
2019年01月27日 18:19
お母さんの94歳の逝去、心よりご冥福を祈ります。本土は寒さの真っ最中、kuraさん家族も暮れぐれも御身大切に。お母さんの作品改めて感動です・
kura
2019年01月28日 07:30
Tpsさん、おはようございます

お悔やみのお言葉、ありがとうございます。

2日間にわたって、通夜、告別式、火葬、初七日を
執り行い、昨夕、無事、終了いたしました。

会場は京都市内の葬儀会場で、身内だけの家族葬で
行わせていただきました。

以上、簡略ながら、お知らせいたします。


kura
2019年01月28日 07:55
弥次喜多日記さん、おはようございます

お悔やみのお言葉、ありがとうございます。

通夜当日の夜半、京都にも雪が激しく降りましたが
翌日の告別式の折りには、雪も止み、カラッと晴れた
よい天気になりました。

出棺の時、溢れるばかりの花とともに、彼女の作品や
思い出の写真を入れ、親族全員で送りました。

火葬会場は冬場でもあったためか、大勢の人で
ごった返していました。

お陰様で、私や家内、親族、悲しみをそれぞれ
秘めながらも、元気に過ごしています。

お気遣い、ありがとうございます。



この記事へのトラックバック