農作業中「アフリカマイマイ」に出くわしたよー「宮古土地改良区」による農道除草作業

1月14日(月)晴れのち曇り 最高気温22℃ 最低気温19℃ 北東の風

画像
画像


昨日の午後は、「宮古土地改良区」による農道除草作業。

部落の人たちと部落周辺の雑草、雑木を刈り取った。

〇土地改良区→農業水利施設(ダム・水路など)の建設、管理、農地の整備など
いわゆる土地改良事業を実施することを目的として、土地改良法に基づいて
設立される農業者の組織(HPより)

画像


刈り取った雑草、雑木は清掃車に積み込まれ、
回収できなかった残りの雑草類は重機で
丁寧に集められ、処分される。


画像
アフリカマイマイ

作業途中、「アフリカマイマイ」に出くわした。

以前、カママ嶺公園で見かけたこともあり、危険生物であることを
知っていたので、そのまま、触らず、放っておいた。

自宅で調べると、この巨大カタツムリを料理する人が
いた事を知った。これには驚いた

〇死のカタツムリ「アフリカマイマイ」を食べる 
『鉄腕DASH』グリル厄介の内容に驚愕者続出

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3566697

画像
画像


農道での作業が終わり、次は部落内の公園。

草刈り機で刈り取られた雑草をせっせと
清掃車の積み込み口まで運び終了。

鎌を持って、しゃがんだり、立ったりする作業が
多かったので、少々腰が痛くなった。

(お知らせ)

所用により明日からしばらく京都に戻ります。

京都から発信できるようなら、京都の
様子をお伝えします。



この記事へのコメント

Tps
2019年01月14日 22:52
アフリカマイマイ、危険生物扱いですが、
当初は食用目的で輸入されたものだったと聞いたことがあります。
私としては、ちょっと食べるのは遠慮したいです...。

京都ですか、素敵ですね。写真でしか見たことがありませんが、
木造りの仏閣や街並みの風景など、
古都の風景が今も残り、とても素晴らしく、あこがれます。
お気をつけて。
kura
2019年01月14日 23:39
Tpsさん、こんばんは

食用目的で輸入されたのですか。
もっとも、茹でて寄生虫を死滅しさえすれば
食べることができるとの事ですから、食用に
なるのかもしれませんね。

しかし、私の狭い経験でいえば、沖縄の料理店で
アフリカマイマイ料理など見聞したことがありません。
私も遠慮したいところです。

京都も宮古同様、激変期を迎えているようです。
私は京都駅近くで青少年時代過ごしたのですが、
全くの様変わりで、迷子の気分になることがあります。

シーズン中は、どこの観光スポットも人の洪水(ちと大げさかな)で、
ゆっくり風景など観賞する暇がありません。

さすがに市内を離れると、落ち着いた静かな場所も
あるのですが。

明日も京都特有の底冷えがあり、南国宮古の気候に慣れた身には
恐怖(?)ですが、重装備で行ってきます。

弥次喜多日記
2019年01月15日 11:14
すっかり宮古島の住民として板についていまして農道除草作業などすべての地区木の行事に参加されているのですね。
気温を拝見するといつも20度以上で雑草も生えてしまうのですね。こちらでは約1ケ月は雨が降らず、何より寒くて草など生えません。体の休憩です。

カタツムリの中まで「アフリカマイマイ」怖いですね、珍しいからつい触ってしまいますね。
kura
2019年01月15日 12:04
弥次喜多日記さん、こんにちは

移住11年目に入りましたから、かなり慣れました。

宮古はこの期間でも雑草は伸びています。
放っておけば、ジャングル状態になります。
年に3回程度、部落(村)こぞって雑草刈りです。

越谷は1か月雨降らずとか。しかも寒いとか。
お身体、ご自愛くださいね。

私ももう間もなく京都行きです。
持っていく衣類だけでもバックの半分以上。
久しぶりに、内地の冬の寒さを味わってきます。





この記事へのトラックバック