ムイガー断崖工事は終盤戦か ハンダマ、ミヤコゼンマイの手巻き寿司 トマトが生育地中

2月26日(火)曇りのち晴れ 最高気温24℃ 最低気温19℃ 北風のち北東の風 海上風速10m

画像


昨日、ムイガー断崖の工事の様子を県道・道路側から眺めてみた。

東屋は濃いピンク色で塗り固められ、完成しているように見えた。
隣に芝生が敷き詰められていた。

目下の仕事は、駐車場予定の土地に、アスファルトを
敷き詰めることか。
ローラー車両が、待機していた。

用事があり、下に下りなかったが、今度は
ゆっくり見てみよう。

(記事関連)

来年2月には「ムイガー断崖」展望施設から東平安名崎まで続く大海を見渡せそうだ

https://1120kura.at.webry.info/201811/article_8.html

ムイガー断崖の頂上から大海を眺める 

https://1120kura.at.webry.info/201812/article_2.html

ムイガー断崖の工事現場に再々訪する

https://1120kura.at.webry.info/201812/article_5.html

まもなくムイガー断崖から大海を見ることができそうだ

https://1120kura.at.webry.info/201901/article_2.html

ムイガー断崖に東屋

https://1120kura.at.webry.info/201901/article_4.html

ムイガー断崖工事の全体像がおおよそ見えてきた

https://1120kura.at.webry.info/201901/article_14.html

トイレがなくては特に女性が困るかなームイガー断崖工事

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_2.html


ハンダマ、ミヤコゼンマイの手巻き寿司

画像
収穫

家内が自宅畑で、ナス、ハンダマ、ミヤコゼンマイ、
九條ネギ、ミニトマトを収穫してきた。


画像
手巻き寿司

夕食は手巻き寿司。

海苔が少なかったので、その代わりに
ハンダマに包んでいただいた。
ミヤコゼンマイも具として結構いける。

トマトが生育地中

画像


トマト(桃太郎)に赤みを差してきた。
冷たい空気の中での栽培だったから、夏のようにはいかず、
時間がかかった。

画像



画像


今後は気温が上がる見込みなので、生長が楽しみ。

この記事へのコメント

弥次喜多日記
2019年02月26日 18:21
初めて聞くハンダマについて調べてみました。
葉表が緑色、葉裏が紫色をしており、加熱するとヌメリが出るのが特徴とか、鉄分が豊富で汁物や酢の物、和え物に会うようですね。新鮮な野菜を栽培していますね。
トマト、ナスのいい色がとってもおいしそう、こちらはトマトなどはあと5か月かかります。ミヤコゼンマイは海苔替わりにできるのでか
kura
2019年02月27日 05:07
弥次喜多日記さん、おはようございます

ハンダマは特に世話をしなくとも、元気に生長する
野菜です。日ごろは料理の食材としてあまり使用して
いないのですが鉄分が豊富ということですから、ハンダマ
料理も考えたいなと思いました。

ミヤコゼンマイは海苔の代わりでなく、他の食材同様
挟んでいただきました。ゼンマイは今ごろから収穫
時期になります。


この記事へのトラックバック