家内、インドを旅する-ジャイプールからアグラまで

3月19日(火)曇りのち晴れ 最高気温23℃ 最低気温20℃北西の風のち北東の風 海上風速10m

画像


〇VJTravelDesk様よりお借りしました。

※以下は家内の言葉です。

7日目
 朝、ちょっと宮殿ホテルの庭園を散歩。
孔雀が放し飼いにされていました。

画像

慣れているようで、近づいても逃げません。

画像
 
 面白いものを見つけました。

画像
 
大きなチェス盤
駒が馬の他にラクダやゾウがいるのが珍しかったです。

画像


早くにホテル出発。
ピンクシティーと呼ばれるジャイプールを離れます。
画像


ストライキが決行され高速道路が通れなくなりました。
カースト制度に対するストライキだそうです。
私は、制度そのものに反対するものだと思ったのですが、
インドの政策として低位のカーストへの就学や就職の優遇措置をとってきているそうで、
それに対してより高位のカーストの人たちが優遇措置をやめるようにというストライキだというのです。
 カースト制度は、なかなかむつかしい問題があるようで
アウトカーストと呼ばれる人たちの問題が深刻のようです。
日本の部落差別のような現状だと思いました。
画像


 アグラへ向かう私たちはう回路を通ることになりました。
インドの農村の様子を見ることができなかなか興味深かったです。
 踏切の渋滞
画像


 牛にやる水を井戸からポンプでくみ上げるお手伝いを一生懸命している女の子

画像

狭い村の道路に集中するトラック。
大渋滞です。
画像


小麦の畑が広がっています。
画像


畑のそばで歯磨きしている人
昔からニームという木で歯磨きする習慣があるそうです。

画像

交差点付近は大渋滞
画像


交通整理をするお巡りさん。

画像
 
村の商店街を通ります。

画像
 
 線路沿いに露店が並びます。

画像
 
 こんなところを観光バスが通るのは珍しいようで
みな振り返ってみます。

 
画像

 手を振るおじさんも多かったです。
 
画像
画像
 
大勢の人がこちらを見ています。

画像

商店街を抜けるとまたのどかな農村風景
やっとここのガソリンスタンでトイレを借りることができました。
画像


 初めて野良牛でなく、人に連れられる牛を見ました。
画像


 あちこちで牛の糞を干しているのを見ました。
燃料にするのだそうです。

画像

 レンガ工場の煙突もたくさん見ました。
燃料は牛の糞です。

画像

 やっと幹線道路に戻り昼食
ここで、今日観光予定だったチャンドバオリに行けないことが判明。
インドに残る階段井戸の一つで大きく美しいものだと楽しみにしていたのにがっかり。

やっと、アグラ手前約40kmに到着。

ファティーブル・スィークリ
 ムガール帝国第3代のアクバル帝の城跡。
1571年に首都をこの地に移転させたそうです。

画像

 約5年をかけて建設された都は、3㎞×1.5㎞の広大な土地を城壁で囲んでいます。
その中央の丘に宮廷やモスクを赤砂岩で築いています。

画像

小学生がたくさんいました。

画像
 
エンジ色の制服と黄色の水筒を下げているのが可愛い。

画像
 
 アクバル帝の理念であるヒンドゥーとイスラムの
文化的融合を示しているのだそうです。

画像

 赤砂岩で造られたものですが、木組みを思わせる彫刻です。
 
画像
画像

 水不足が原因で、14年後には立ち去ったという都です。

画像

アグラの町に近づくとたくさんの露店が並んでいました。
 建材として売られている赤砂岩。

画像

結婚式に使われるスピーカつきの車

画像

市場

画像

 おもしろかったことは、村の商店街と違って、誰もこちらを見ないことです。
幹線道路なので観光バスが通るのは日常茶飯事なのでしょう。

画像

 アグラのホテルに到着したのは5時半頃でした。

(記事関連)

家内、インドを旅する①-ムンバイの町の観光

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_7.html

家内、インドを旅する②ーサンジャイ・ガーンディー国立公園・仏教石窟寺院群の見学 昼食

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_9.html

家内、インドを旅する③-アジャンターの仏教寺院の見学

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_11.html

家内、インドを旅する④ー待望のエローラ石窟群の見学(その1)

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_13.html

家内、インドを旅する④ー(その2)

https://1120kura.at.webry.info/201903/article_2.html

家内、インドを旅する⑤ージャイプール

https://1120kura.at.webry.info/201903/article_4.html

この記事へのコメント

沖縄原
2019年03月19日 22:17
カーストの撤廃とか反対するためのデモではないのですね・・・
またスードラ(何十年前に中学で習ったきりで間違っていないかしら)以下の人達がいることにも驚きますね。
つくづく日本に生まれて良かったと思います。

それでもデモのお陰で普段見ることがない田舎の生活を垣間見れて良かったですね。

今回の旅行記を拝読すると、インドに行く際は(特に女性)絶対に個人旅行はダメですね。
とても参考になります!
kura
2019年03月20日 22:39
沖縄原さん、こんばんは

家内の話によると
「やはり、日本で、信用できる旅行社に、ホテルや現地ガイド
などを手配してもらい、その中で自由旅行を楽しまれたら
いかがでしょうか。

インドで、個人的に手続きをした人の中で、だまされたの
被害を受けた人もいるようです。
現地では危険で、難しいように思います。」
との事でした。

ちなみに、私もニューヨークに行ったとき
大手旅行社に頼んで、飛行機やホテルなどを
手配してもらい、個人的に、あちこち訪ねた
ことを覚えています。


この記事へのトラックバック