「みやこ下地島空港」追記 明日、午前7時より全車両通行止めー下地島空港の周回道路  

3月22日(金)曇りのち雨 最高気温27℃ 最低気温23℃南西の風のち北風 海上風速13m

画像


昨日、「見学会」後の「みやこ下地島空港」に立ち寄った。

予想通り、関係者以外、立ち入り禁止であった。
開業30日の前日まで続くという。

見れば、駐車場には、かなりの車が入っていた。
多くは業者の車だという。
まだ、仕事が多く残っているようだ。

画像


ところで、
以前から伊良部島と下地島に架かる橋があったが
今回、これに加えて、新しい橋が作られた。

「みやこ下地島空港」直行の橋・道路である。
このまま真っすぐ進めば空港に至る。

以前の分かりにくさに比べれば、空港に行く段には
便利になったものである。

画像


空港周辺の不用になった物は撤去されていく。

一般駐車場と空港ターミナルをつなぐ渡り廊下そばにある
この建物も撤去される。

画像
画像


道路沿いに、青いネットをかぶせられた大木。

当初はターミナル内に移植の予定であったが、
枯れてしまったようで、これも撤去。(左)

また、空港内の様子を本部に伝達するための
通信塔も撤去。

同様の機能を持った設備が空港内に
新しく設置されたためとの事。(右)

今後、この空港をどれくらいの数の人間が利用するのか、
その推移はどうか

また、国際線の空路確立が未だ不明確な部分があり
これが今後どう進展するのか

興味を持って注視していきたいものである。

(記事関連)

下地島空港の旅客ターミナル施設の建設現場を見てきたー宮古島 (2018/09/8)

https://1120kura.at.webry.info/201809/article_2.html

下地島空港・旅客ターミナル施設は来年3月30日にオープンできるのか (2018/11/11 )

https://1120kura.at.webry.info/201811/article_7.html

チェックイン棟はスペインの屋根ー「みやこ下地島空港ターミナル」の工事現場を見る

https://1120kura.at.webry.info/201901/article_5.html(2019/01/12 )

完璧な施設完備で開業を迎えられるのかー「みやこ下地島空港ターミナル」 (2019/02/05)

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_1.html

「みやこ下地島空港」を繋ぐバス路線が開設( 2019/02/09)

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_3.html

「みやこ下地島空港」の工事現場に立ち寄る(2019/02/23)

https://1120kura.at.webry.info/201902/article_8.html

ほぼ完成かなー「みやこ下地島空港ターミナル見学会」 (2019/03/18)

https://1120kura.at.webry.info/201903/article_6.html

明日、午前7時より全車両通行止めー下地島空港の周回道路


画像


沖縄県下地島空港管理事務所は明日(23日)午前7時から
「みやこ下地島空港」の周回道路《通称「17END(ワンセブンエンド)》
の車両全面通行止めにする。


画像
佐和田の浜方面から


昨日、恐らく、車での移動は最後と思い、立ち寄った。

大勢の人たちが、道路上に集まっていた。

ここは宮古でも絶好の観光スポットの一つ。

かってのタッチアンドゴー。

海上から滑走路に向けて、訓練機が侵入、さらに滑走路から大空に向けて
飛び立つ雄飛を見て感動したものだった。

また、この世のものとは思えないような海のグラデーションの美しさは
例えようもない素晴らしいものであった。


画像
右手に佐和田の浜


画像
海色の2層


画像


伊良部大橋ができてから、さらに混雑度が増し、交通事故による空港のフェンス破損や
大型車の重量による道路破損など、管理者側として危機感を持たざるを得ない状況が
続いていたようだ。

確かに、道路には亀裂が走り、段差も激しい。
一時停止に近い減速をしてガッタンと段差をやり過ごす
箇所もある。

また、空港で働く1人は「観光バスが事故を起こしたお陰で、
全面通行止めになった。」と憤慨されていた。
真偽のほどは分からないが、以前に比べて、相当危険な
道路になっていたのだろう。

画像
誘導灯柱


画像


画像


今後は徒歩で回ることになる。
自転車やバイクは通行可能か、特に管理者側から
きちんとした説明が出ていない。大目に見るということだろうか。

いずれにしろ、観光客からも大変な人気スポット。
このまま、永久に車両通行止めでは観光資源としても
失うもの大きいと思われる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック