「日本国憲法」は人類の財産ー「25回参議院議員選挙」インギャーマリンガーデンの内海 挿し木したアラマンダの生長

7月22日(月)晴れ 最高気温32℃ 最低気温27℃ 南風 海上風速8m

DSCF1663 (3).JPG投票所入り口←砂川中学校

昨日、「25回参議院議員選挙」の投票を済ませた。

今朝の新聞報道によれば、宮古島市の投票率は40.05%。
沖縄県内全市町村で最低だとか。

政治意識の低さ、政治へのあきらめなどいろいろな要因が
ありそうだが、激動期の宮古、仕事が多忙な層の
選挙に関わる暇がないかの怒声やため息も聞こえてきそうだ。

選挙結果を見ると
改憲勢力の改憲発議のための必要議席が満たないことに
少々安心した。

かって、日本国憲法9条をもつ日本国民がノーベル平和賞にノミネートされた
事もある通り、世界で稀有な理想的な国家像に対し誇りを持つ。

それが、時の権力者や国際情勢の変化によってぐちゃぐちゃにされる
事に怖れを持つ。

第2次大戦後、戦勝国による国際秩序がまかり通っている。
米国、中国、フランス、ロシア、英国が国際連合安全保障理事会
常任理事国に就き、地位の恒久性と、拒否権が与えられ、しかも
核保有が認められている。

国際民主主義など微塵もない。

それらの国が、自己防衛で核保有を主張するイランや北朝鮮を抑えようと
しているが、甚だ説得力乏しいように考えるがどうか。

まずは隗より始めよという事だ。

人類の方向性を指し示す日本国憲法は世界の財産と
なるべきである。

☆インギャーマリンガーデンの内海は
ファミリーや観光客の遊び場になったようだ

DSCF1660 (2).JPG7/21撮影

かって熱帯魚と戯れることができたインギャーマリンガーデンの内海も
今や魚もいなくなり、観光客たちの水遊び場になったようだ。

DSCF1662 (2).JPG

砂浜近くで遊んでいる限り、こどもたちも自由に遊べ、
親たちも安心であろう。

☆挿し木したアラマンダの生長

DSCF1480 (2).JPG7/3時点 挿し木用の土使用

3日に挿し木したアラマンダ。
日の当たらない場所に保管し、
ほぼ毎日潅水。

DSCF1665 (2).JPG7/22時点

古い葉が枯れ、新しい芽がどんどん出てきた。
もう少し時間をかけて様子を見、根が出ているようなら
ポットに移植、徐々に日の当たる場所に移動させたい。


この記事へのコメント

Tps
2019年07月26日 19:59
全国的に投票率が低かったのは、残念でしたね。
この無関心が、現政権の暴走を許してきたというのに。

とはいえ、社会の変化の兆しが感じられる選挙でもあったと、
個人的には感じました。

仰るように、日本は人類の方向性を指し示し、
世界から尊敬され手本とされる国になるべきだと、
個人的には思っていますし、
それこそが最大の国防ではないかと感じています。
kura
2019年07月30日 12:23
Tpsさん、こんにちは

お返事が遅くなりました。

ADSL回線から光回線の移行に伴って
設定等モタモタしてしまい
しばらくインターネットが使えない
状態が続きました。

仰るように、投票率が低かったのは
残念でしたね。
特に若い層が政治に対して、無関心、
無知であるのが残念でした。

憲法についてのお考え、同感です。
武器を持てば使いたくなるのは
人間の本性の一面です。

世界は今も軍拡競争に走っている
ように見えます。
武器の性能などを競っています。

時の権力者の疑心暗鬼や妄想で
戦争が起こるかもしれません。

人間には理性や知性が一面として
あるわけですから、紛争時においても
この働きを活用して、平和を希求して
ほしいですね。