宮古で数少ない穴場的ビーチの一つになるか? アートパネル状の壁、新築工事が本格化 メトロノームの購入

9月1日(日)一時雨のち晴れ 最高気温32℃ 最低気温27℃ 南東の風 海上風速10m

DSCF1899 (2).JPG

「シギラビーチ」を東に少し進んだ所に
シギラが開拓していない「ビーチ」が
ある。

雑草、雑木が生い茂る中に作られた細道。
この先を進むと、むき出しの琉球石灰岩
の岩場に出てくる。


DSCF1900 (2).JPG向こうに、マリンレジャーを楽しむ人たちが見える。


DSCF1903 (2).JPG

もう7年ほど前になるだろうか。
この場所で泳いだ事がある。

その時の様子を記録に留めていたので、紹介する。

「海の中はいろいろな種類な魚、大きな魚が入り乱れ、
あたかも自然の
美しい水族館を眺める気分だった。

これまで見たことのない大きなチョウチョウオや
カサゴ、モンガラ等など、たくさんの魚を楽しめた。」


DSCF1901 (2).JPG

しかし、これはあくまで7年前の事実。

以降、海中もどんどん変化している。
怪我がなければ、現下の様子を調べたい
ところだが、今はそうもいくまい。

いつかの折りに、観察可能な状態になれば
報告したい。


DSCF1904 (2).JPG海面

宮古の海は怖い。

「宮古島海保部」の調べによれば、
この5年の水難事故は14年、8人(死亡または行方不明8人)、15年、13人(同5人)、
16年、19人(同6人)、17年、11人(同1人)18年22人(同5人)で、
25名の死亡または行方不明者を出している。

ライフジャケットの着用、バディを組む、シュノーケリングやダイビングの基礎基本習得
等など、自分を守る手立てをしっかりして入水してもらいたいものだ。

☆アートパネル状の壁

DSCF1911 (2).JPG
「ホテルシギラミラージュ」にアートパネル状の壁が作られていた。

DSCF1907 (2).JPG3種類11枚のパネル。

わりとすっきりしたデザインなので紹介しておく。

DSCF1906 (2).JPG


DSCF1908 (2).JPG

☆新築工事が本格化

DSCF1918 (2).JPG新築工事

自宅裏の高台に新しい家が建つ。
その新築工事が本格的に始まった。

移住当初、吹きっさらしだったこの場所も
今や家屋に囲繞され、密閉状態になりそうだ。

日当たり、ますます悪化、露地での植物栽培には悪条件。
以前はよく見かけたイソヒヨドリやセッカ、メジロなどの
姿もこの頃はあまり見かけない。

一方、家屋=防風林的役割で、台風等の被害緩和。
総合プラスマイナス0という事になるのかな。

☆メトロノームの購入

DSCF1915 (2).JPG

今秋、行われる「第12回芸能祭」(宮古民謡協会主催 於:マティダ市民劇場)
に2演目、2回出演する。

ともすれば主情に走り、曲のテンポを乱す悪癖を
ただすため、メトロノームなる機械を購入した。

果たして、正確な演奏の一助となってくれるか。






この記事へのコメント