この頃の事ー聖火リレー、農作業、忘年会

12月18日(水)晴れのち曇り 最高気温26℃ 最低気温20℃ 南東の風のち北東の風 海上風速8m

DSCF3272 (2).JPG
今朝の新聞報道によると、
来年5月3日、宮古で初の聖火リレーが行われるようだ。
離島では宮古のみならず、石垣市や座間味村でも行われるとの事。

県内のランナーには諸見里しのぶさん(ゴルフ)具志堅用高さん(ボクシング)や
著名な芸能人らも参加の予定。

下里通り界隈はさぞかしにぎやかな日となるだろう。

詳しくは下記のサイトに

〇宮古で初の聖火リレー/東京五輪ルート発表

http://www.miyakomainichi.com/2019/12/126702/

農作業

DSCF3265 (3).JPG
キュウリ

少し前まで、宮古は風かなり強く、晴れ間の少ない日が続いた。

ために、畑の露地栽培の野菜たちの生長が気になっていた。

しかし、この頃、ようやく、風もおさまり、日中には、
暖かい日差しが戻り、今週には最高気温26℃の
夏日を迎える日もありそうだ。(ヤフーの週間天気予報)

キュウリやミニトマトに花が咲き出し、畑に出る楽しみも
増えつつある。

DSCF3267 (2).JPG
ミニトマト

DSCF3225 (2).JPG
ジャガイモ

DSCF3218 (2).JPG
一方の花栽培。

室内のサンスベリアが暴れ出し、やむを得ず、2つに分けて移植。

他に鉢植えのブーゲンビレアの苞が色褪せ、散っていくので
コンパクトに剪定、次の開花を楽しみに待つことにした。

植物栽培は何かと気になる事が多い。

目の前の事柄が自分の仕事と心得て
せっせと畑や庭に出る毎日である。

知人はトマト栽培に本腰

DSCF3177 (2).JPG
過日、上野の知人宅に所用で訪問。
その折、ハウス内の栽培野菜を
見せてもらった。

目下、トマト栽培に力を入れているらしい。
可愛いミニトマトがたわわに実っていた。
葉色も活き活きしているように見える。
将来的にはハウスの天井まで這わせたい意向のようだ。

牛糞たい肥にアミノ酸肥料に加えて自家製の「えひめAI-1」を
使用しているとの事だった。

※環境浄化微生物「えひめAI-1」→「500倍~1,000倍に薄めて
野菜・草花の株元や葉面に散布すると、生育促進などに効果があります。
(植物活性剤としての効果)」(下記HPより抜粋)

〇『環境浄化微生物「えひめAI-1・えひめAI-2』(鬼北町HP )

https://www.town.kihoku.ehime.jp/soshiki/kankyou/2.html

DSCF3178 (3).JPG

DSCF3181 (2).JPGブドウ
宮古でブドウ栽培は珍しいのではないか。
「巨峰」を作るのだと夢を語っていた。
先が楽しみ。

忘年会


DSCF3154 (2).JPG
目下、忘年会シーズン。
宮古では、需要の多さから11月に会場確保し
早々に行われることもあるようだ。

ここの会場では、唇に口紅を厚く塗りたくった仮装など
各自趣向を凝らして準備周到。
舞台狭しと歌い、踊り狂っていた。
1年のストレス発散会かと見間違うほど乗りに乗っていた。
これも楽しい。

DSCF3209 (2).JPG
一方、鍋を囲んでの忘年会。
時期に見合った趣向で、これもよい。

他に、三線演奏をバックに、正統な宮古民謡の踊りを演じる人が
いたり、「デンサー節」など八重山民謡を聞かせる人たちもいて
盛り上がる忘年会もあった。

私の狭い経験でいえば、宮古の忘年会はカラオケが主力で、
参加者一人一人が今年の活動を振り返り、互いに感謝の言葉など
述べる場面は皆無に近いように思えたがどうか。

この記事へのコメント