来間島リゾート(仮称)のオープンは2月22日(か) 正月も大掃除

1月10日(金)晴れのち曇り 最高気温22℃ 最低気温18℃ 北東の風 海上風速6m

DSCF3432 (2).JPG本部?

飯田産業が展開する来間島リゾート(仮称)のオープンが
2月22日になるとの事。

もっとも、工事の進捗状態によっては延期もありうるとの事だった。

来間島リゾートは来間島北西方面の海沿い一帯を開発、
広大な敷地に、ホテルやコテッジ群などを建設中である。

先日、買い物の帰り、立ち寄ったが、立ち入り禁止のようで
ほとんど関係者の話は聞けなかった。

よって、今回は写真のみの紹介となる。

DSCF3439 (2).JPG

ホテルであろうか。
他のホテルとは違った異様な佇まいのように
感ずるが、これはあくまで私の主観。

DSCF3437 (2).JPGコテッジ群


DSCF3435 (2).JPGレストラン


DSCF3438 (3).JPG中を覗くと


DSCF3436 (2).JPG裏手には人工池?のようなものが設置されていた。


DSCF3428 (2).JPG来間大橋頂上部から

離島の中の離島の一角に存在するこの宿泊施設。
想像するに、いろいろと問題が発生しそうだ。

台風時、来間大橋遮断のため孤立する危険に遭遇、
宮古本島でも目下乱立、およびしつつある
宿泊施設など建築物による水不足の懸念、
夜間この施設が発する人工光により、夜空に煌々と輝く星群
観察の半減、
静寂の島から喧騒の島への移行などなど、不安を感じる
部分が多いと考えるがどうか。

正月も大掃除

DSCF3444 (2).JPG

年末。畑の草刈りは概ね終了。
年明けて、今度は屋内の大掃除。

フローリング床や畳の部屋は薬剤を使って雑巾がけ。
各室などの壁面も同様。

日ごろ、清掃はあまりやらないので、そのツケが回ってきたことか。
作業量の多さに、汗がにじみ出る。
自業自得。

大掃除ついでに断捨離の実践。

役割を終了し今やガラクタに化した雑物に粗大ごみ用処理券を貼り付ける。

棄てるのは美徳。

今年はさらに心の中の垢もどんどん捨て去りたいものだ。


DSCF3440 (2).JPGbefore

レースのカーテンを荒っぽく洗濯機に放りこんだら、
一部、破れてしまった。


DSCF3441 (2).JPGafter

針と糸を出して縫い付ける。慣れぬこと故、少々手間取った。

かなりすっきりした室内環境になり満足。

この記事へのコメント