この頃のことー池間大橋周辺を訪ねる  「首にかけるだけの除菌ブロッカー」 蜂様がやってこないードラゴンフルーツ

6月4日(木)晴れ 最高気温32℃ 最低気温27℃ 南風 南西の風(日中)海上風速10m

DSCF4510 (2).JPG池間の海

昨日、所用のため、池間島方面に向かった。
それを済ませた帰り、池間大橋周辺をドライブ。

DSCF4508 (2).JPG
コロナ禍のため、ここ宮古でも観光客は激減。

例年、賑わう橋詰そばの店も見たところ、
2軒の店が営業中のようだった。

DSCF4516 (2).JPG

テイクアウト店に衣替えした1軒に立ち寄った。
500円メニューの一つ「大漁丼」を購入、ネタ
を少し加えて700円。

食してみたが、シャリ、ネタとも美味だった。

DSCF4507 (2).JPG池間大橋橋詰下から
 
波の音が聴きたくなり、下に降りた。

コロナ一発で人間社会の営みは大きく変わったが
自然の営みは変わらず、以前の通り。

DSCF4512 (2).JPG帰り

向こうに大神島が見え、視線を左に移すと
波間に鳥らしき一群が漂っていた。

「首にかけるだけの除菌ブロッカー」

DSCF4538 (2).JPG

実妹が「ウイルスシャットアウト・首にかけるだけの除菌ブロッカー」
なるものを送ってくれた。
このストラップを首からぶら下げるだけでマスクの代わりを
してくれるのであろうか。

コロナとは今後とも長い戦い。
いつか必要になる時が来るかもしれないな。

蜂様がやってこないードラゴンフルーツ

DSCF4504 (2).JPG昨朝5時半ごろ

昨日もドラゴンフルーツの花が咲いた。

日ごろ特に世話をすることなく、岩壁に
這わしているだけだが、今では岩壁を
越えた向こうにも茎を伸ばしている。


DSCF4535 (2).JPG

受粉作業をお願いしている頼みの蜂様が来ない。

その原因について環境の変化、農薬、蜂様の事情など
あれこれ考えてみたが、決め手になる事が
見つからない。

仕方がないから自ら人工授粉。
高い所は脚立を使ったが
危険を感じて一部放棄。

DSCF4534 (2).JPGドラゴンフルーツの花

ドラゴンフルーツ→「熱帯アメリカ地方原産。サボテンの一種。
長く伸びてくる茎「竜の本体」、赤い実を「竜の目」に見立てて「竜の果物」= ドラゴンフルーツの名前になったとのこと。  
花は、月下美人のような白い花で、月下美人と同じく、夜に咲く。別名「ピタヤ」(季節の花300)

          

この記事へのコメント