この頃のことー東平安名崎入口の「バギー」「遊園地」の工事現場、「いらぶ大橋海の駅」に立ち寄る、自粛中の楽しみ

6月19日(金)晴れ 最高気温32℃ 最低気温28℃ 南西の風 海上風速12m

DSCF4599 (2).JPG東平安名崎入口付近

東平安名崎の灯台に至る道路左側にバギーの乗り場、右に「遊園地」が
建設中。

DSCF4586 (3).JPGバギー

以前、訪れた時に、近くで働いていた人は「カート」の乗り場と
言っていたが、実は「バギー」の乗り場であった。

DSCF4584 (2).JPG


DSCF4589 (2).JPGコース

DSCF4591 (2).JPG

ここがスタート地点になるのだろうか。

DSCF4600 (2).JPG「遊園地」?予定地

「遊園地」建設と聞いたが、植物群落を削り取り、かなり
大がかりな工事になりそうだ。

宮古の自然や静寂などが失われていくのも
詰まるところは時代の流れであろうか。

東平安名崎の「遊園地」

https://1120kura.at.webry.info/202004/article_5.html

「いらぶ大橋海の駅」に立ち寄る


DSCF4611 (4).JPG2階窓から

知人たちと会食した帰り、「いらぶ大橋海の駅」に立ち寄った。

DSCF4618 (2).JPG1階土産物コーナ


DSCF4615 (2).JPG2階レストラン



DSCF4616 (2).JPGバイキング終了後の写真

レストランで働く人の話によると、土、日は満席になり
待ってもらう人も出てくるが、平日は比較的空いている
との話であった。予約は不要。

DSCF4617 (2).JPG

記事関連

〇工期がかなり遅れそうかなー伊良部大橋橋詰広場観光拠点施設工事(3/17.2020) 
https://1120kura.at.webry.info/202003/article_2.html

〇オープン前の「いらぶ大橋海の駅」に立ち寄るー6/1オープン(5/30. 2020)
https://1120kura.at.webry.info/202005/article_5.html

自粛中の楽しみ

DSCF4605 (3).JPG

読書

奈良の知人から書籍2冊送られてきた。
そのうちの1冊吉村昭氏の長編ドキュメンタリー小説「漂流」が
すこぶる面白かった。

物語の始めの部分をまとめると

江戸時代、4名の船乗りが乗る帆船がシケのため、難破、沈没、
およそ、人間が生存できる条件をほとんど持たない無人島に
放り出される。

加えて生活道具など何も持たない漂着した人間を待ち受けている
のは餓死や病死などの死の世界ではないか。

しかも
入島後、主人公の長平は頼みの仲間3人を失った。

しかし、長平は一人、深い孤独(感)と絶望の中で
時には自殺を思い、狂気にさいなまれながらも、生き長らえてきた。

それは何故か。

それ以降、話はいろいろに展開するが、極限状態の中で、
生きる人間の有り様が知れて、興味深かった。

炊飯器を使ってケーキ作り

DSCF4580 (1).JPGチーズケーキ

炊飯器を使ってケーキを作る事ができるのか。
面白そうなのでチャレンジしてみた。

これまでケーキはいろいろ作ったが、今までとは違って
仕上がるまで少々厄介であった。

食してみたが、ねっとり感があって美味かった。

「オーブン無し 簡単 炊飯器でチーズケーキ」
   ↓
https://cookpad.com/recipe/6242131

この記事へのコメント