サバニ(沖縄の小舟)に乗って三線がやってきた    晩秋の気配深し

11月9日(火)曇り時々小雨模様 最高気温18℃ 最低気温13℃

DSCF8253 (4).JPG

今日、平良港から積んだ荷物が大阪南港経由で自宅に届いた。
他の荷物はともかく三線の到着だけは待ちわびていた。

というのも三線の講座が長岡京の中央生涯学習センタ・ーリハーサルスタジオで開催されていることを聞き、申し込んでいることに加えて、ずいぶん長い間、三線の練習から遠ざかっていた事情もあって早く課題曲を練習したかったからだ。

もっとも、当方が希望する20日と23日は満員で、目下のところ、キャンセル待ちの状態であるが。

課題曲の「安里屋ユンタ」




※You-Tube(ミニプレーヤー版)からお借りしました

課題曲は沖縄八重山地方の民謡「安里屋ユンタ」(あさとやユンタ)。
講師の先生は北野さん(安富祖流絃声会=あふそりゅうげんせいかい)所属の方。

「安里屋ユンタ」は本土の方でも馴染みのある沖縄民謡であり、工工四(クンクンシ・沖縄の楽譜)も初心者向けで分かりやすいところから課題曲に選ばれたものと思われる。

お時間のある方はどうぞ。

晩秋の気配深し

DSCF8242 (2).JPG

公園等歩くと落ち葉が重なり、まるで何かがうずくまっているように見える。

DSCF8246 (2).JPG


この記事へのコメント

沖縄原
2021年11月10日 17:44
三線の講座があるのですね。
宮古で長くお稽古なさっていたのですから続けないともったいないですよね。

それにしてもキャンセル待ちとは三線は京都でも人気なのですね!
2021年11月10日 19:05
kura
弥次喜多日記
2021年11月10日 19:11
kuraさんこんばんは

ついに宮古島宅での家財その他が船便で到着しましたか、整理が大変ですね。

宮古島で勉強した三線が地元での講習講座、キャセンセル待ちきっとありますよ。人気の様子がわかります。
kura
2021年11月10日 22:09
沖縄原さん、こんばんは

”三線を弾いてみよう♪”のタイトルのもと、定員5名で
3回行われています。
5名と少人数ですから、きめ細かく丁寧に指導
されるのではないかと思っています。

私としてはこのイベントを通して、同好の士に
出会えればいいかなと思っています。
kura
2021年11月10日 22:22
弥次喜多日記さん、こんばんは

“泣いて馬謖を斬る”の心境でかなり大がかりに
整理してきました。必要とする人に差し上げる
事も多かったです。

それでも、京都に持ち帰ったものは多く、今なお
整理は終了していません。

長岡京での、沖縄芸能や三線がどの程度普及しているのか
情報を得るために講座に申し込んでいます。