ドラゴンフルーツの芯止め

2月18日(木)曇りのち雨 最高気温18℃ 最低気温15℃  北東の風 海上風速
13m

画像
ドラゴンフルーツ

今日も寒い。
畑に出ると、手がかじかむ。冷たい風だ。

ドラゴン全体は以前に比べて、緑色が深まり
「本物のドラゴンになってきた。
これならたくさん実をつけてくれるはず」(宮古の知人の話)
とのことだ。

これまで、葉肉の周りに雑草を重ねたり、肥料を与えたりした。
中断している米のとぎ汁も今後は与えていきたい。

ただ、支柱が問題。
当初は石垣に這わすつもりで、出来るだけ、そのそばに
苗を植え付けた。

その後、這わすやり方はあまり実をつけないことを聞き
どうするか迷いながら、今日まで来ている。

もう少し、石垣から離して苗つけをすれば、金属製の
鉄柱で支柱を組めるのだが。

いずれにしろ、早急に結論を出さなければいけない。



画像


長く伸びすぎた枝の先端を切り、芯止めをした。



画像


葉肉の下の方から、若い枝がでてくる。
気がつけば、いつも剪定している。
今日も4個切り取った。



画像


葉肉が食われている。
多分、カタツムリによるものだろう。

"ドラゴンフルーツの芯止め" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント