この頃の農作業のことなどー栽培状況、6人農業一旦中断、イソヒヨドリ大空へ、私の誕生日

5月11日(金)晴れのち曇り 最高気温27℃  最低気温22℃ 東風 海上風速10m

画像


昨秋から今春にかけて、島ラッキョウやニンニクなど、栽培期間が
比較的長い野菜を育てていた。

したがって、今期前半の野菜作りのスタートが例年より、かなり
遅れてしまった。

しかし、時に、種子から育てているメロンやオクラの発芽・生長の遅さに
もどかしさを感じながらも、一方、ミニ・トマトやピーマンなどが
ようやく実を付けだしてきた。


画像
ピーマン


画像
胡瓜(ネットハウス内)

胡瓜はプランターで栽培。
苗や資材は園芸店で購入。

胡瓜栽培は宮古では初めて。
生長が楽しみだ。

画像


ハウスの外でも同様のものを栽培している。
台風を想定して、今回はプランター栽培が多い。

画像
プランター栽培のメロン

目下、支柱棒を合掌式に組み、その間を強い紐で渡し、
組み立てている最中。

いただいた種子なので、メロンの種類は分からない。

一方、ハウス内露地栽培のマスクメロンにも近々、取り掛かる予定。

画像
オクラ


画像
「20日ネギ」

前回も「20日ネギ」を栽培したが、雑草の刈り取りを怠け、
その区別がつかない醜態を招いた。

今回はこれに懲りて、株元周辺の雑草は刈るようにしている。


画像
ナス

なお、プランターや鉢物の土は市販のもの。
元肥は「アミノ酸たっぷり・粒状油かす」(味の素)
堆肥は牛糞や連作障害に強いと銘打ったバーク系のものを
使っている。

悩みは今の所、「ハモグリバエ」(エカキムシ)の被害。
住友園芸の薬剤で防除している。


6人で始めた野菜づくりは一旦中断

画像
画像
落花生畑(左)耕運機で再耕(右)

6人で今年も始めた野菜づくり。
ローゼルと落花生を栽培してきた。

しかし、耕運機で既に耕やされていた去年の畑の土に比べ、
今年の畑の土はとても固く、繁茂する雑草を抜き取るのも
容易ではない。

そこで、一旦、栽培は中断、改めて農家
の方に、耕してもらう事になった。

そして、これまでの栽培物は、各自、持ち帰り、
それぞれで、栽培することになった。


画像


急いで、自宅畑に移植した落花生。

スコップで抜き取る時、かなりの土(根も?)を壊してしまったので、
うまく生長してくれるかどうか心配。


イソヒヨドリ、無事、大空へ

画像


10日ほど前の親子の写真だが、いつの間にか
巣が空になっていた。
見れば、電線に小さな点が止まっているのが見える。
無事、飛び立ったのであろう。

野生の世界は弱肉強食の世界。
無事に生きながらえられますように。

今日は私の誕生日

画像
ネットよりお借りしました。

今日は私の誕生日。
格別な感慨などない。

敢えて言えば
「(正月や)冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」(一休禅師)
というところか。

「目下ただ今」だけに絞って、今後とも
少しでも充実した瞬間が作れるよう、
過ごしたいものだ。




"この頃の農作業のことなどー栽培状況、6人農業一旦中断、イソヒヨドリ大空へ、私の誕生日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント